BAROQUE・怜が歌詞に1年かけた理由とは!?

TOKYO FM+

2019/12/2 19:00

ロックバンド MUCCのヴォーカル・逹瑯がパーソナリティをつとめるTOKYO FMの番組「JACK IN THE RADIO」。11月25日(月)の放送では、2人組バンド・BAROQUEから怜さん(Vo)が登場。4年2ヵ月ぶりにリリースされたニューアルバム『PUER ET PUELLA』についてお聞きしました。
(TOKYO FM「JACK IN THE RADIO」2019年11月25日(月)放送より)


(左から)逹瑯、怜さん

怜:「LAST SCENE」って曲は、歌詞に1年かかっているんですよ。

逹瑯:歌詞に1年!?

怜:歌詞に1年かけたことなくないですか?

逹瑯:そんなに時間もらえないもん、だって。それお前、めちゃめちゃ幸せだよ!

怜:そうなんですよ。今回、事務所にもそうだけど、自分たちが納得いくまでやらせてもらったんですよね。

逹瑯:うんうん。

怜:それもあったから、「LAST SCENE」て曲は1年ちょっとかかっちゃって。

逹瑯:ハンパねえな。

怜:ハンパない。

逹瑯:ホントに1年書いてた? ギュッとまとめたら7時間くらいじゃないの?(笑)

怜:ギュッとまとめてもあるんですけど、真面目に女性とデュエットしようっていうところから始まって。女性の声を僕が「ラララ」で歌ったりとかしたんですけど、そしたらその「ラララ」から離れられなくなっちゃって。

逹瑯:うん。

怜:その女の子ってどんな女の子かって決まってないから、そこで何度も何度も言葉書いてったら「これはあかんな」と。じゃちょっと一回寝かせようと。

逹瑯:うん。

怜:それで、大桃子サンライズって子がいるんですけど、その子に決まってからたしかにすぐ書けましたね。

逹瑯:うーん、やっぱ先にそれ決めるのがよかったな。

怜:そうそう。やっぱゲストヴォーカルって大事だなって。

逹瑯:やっぱそうじゃん。“この人がこの言葉歌ってるの見てみたい”とかさ、しっかり輪郭ができて分かりやすくなるとこあるから。

怜:その子と話した時間がなかったら、まだできてないんじゃないかと。

逹瑯:なるほどな!(笑)

怜:ヤバい、2年は事務所に怒られる。

逹瑯:ハハハハ!(笑)

怜:2年はマズいだろみたいな。

逹瑯:それさ、歌詞にかかった時間じゃないって! 環境じゃん!(笑)

怜:そうそう。みんな待ってくれてありがとうって。

◎12月2日(月)放送の「JACK IN THE RADIO」は、4人組バンド・キズからヴォーカルの来夢さんをお迎えします。どうぞお楽しみに!

----------------------------------------------------
【▷▷この記事の放送回をradikoタイムフリーで聴く◁◁】
聴取期限 2019年12月3日(火) AM 4:59 まで
スマートフォンは:radiko。アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用頂けます。
----------------------------------------------------

<番組概要>
番組名:JACK IN THE RADIO
放送日時:毎週月曜25:30~26:00
パーソナリティ:逹瑯(MUCC)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/jack

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ