ランドローバー 2020年型「ディスカバリー・スポーツ」受注開始

オートプルーブ

2019/12/2 19:00

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2019年11月29日、エクステリア・デザインを一新し、インテリアの質感を高めたプレミアム・コンパクトSUV「ディスカバリー・スポーツ」2020年モデルの受注を開始した。

■モデル概要2020年モデルとなる「ディスカバリー・スポーツ」は、フロントグリルや前後バンパーのデザインを変更し、シグネチャーLEDヘッドライトも採用するなどフェイスリフトを実施。

インテリアの質感も向上させており、素材を見直し耐久性を高めている。さらに、コンパクトSUVでありながら、7人乗車ができる3列目シートと、スライド&リクライニング機構を備えた40:20:40の分割可倒式2列目シートを備え、24通りものシートアレンジを可能にして、利便性を高めている。

(adsbygoogle = window.adsbygoogle || []).push({}); googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274792174-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});

エンジン・ラインアップは2.0L・直列4気筒インジニウム・ディーゼルエンジン(D180)と2.0L・直列4気筒インジニウム・ガソリンエンジン(P200、P250)の3種類、ボティタイプはスポーティーな「R-ダイナミック」を加えた2種類を展開し、ラインアップは全10機種となっている。

また2020年モデルは、ランドローバー最新のプラットフォーム「PTAプレミアム・トランスバース・アーキテクチャー)」を採用して剛性を向上。走行中のノイズや振動を抑え、安全性と快適性をさらに向上させている。新プラットフォームにより、エンジンマウント位置が低められて低重心化が実現している。

var microadCompass = microadCompass || {};microadCompass.queue = microadCompass.queue || [];microadCompass.queue.push({"spot": "2855f6f1517a0e35089113339090f10c"});googletag.cmd.push(function() {var slot = googletag.defineSlot('/62532913/p_autoprove_300x250_kiji2ndright_20391', [300, 250], 'div-gpt-ad-1540274856377-0').addService(googletag.pubads());googletag.enableServices();flucttag.showDfpAd(slot);});

路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御するテレイン・レスポンス2やエマージェンシーブレーキ、クルーズコントロール、レーンキープアシストに加え、まるでボンネットがないかのように、フロント下180度の視角を確保するクリアサイト・グラウンドビューなど、充実したドライバー支援システムを標準装備している。

■【価格(税込み)】

ランドローバー ディスカバリー 関連情報ランドローバー 関連情報ランドローバー 公式サイト

(function(d, s, id) {var js, fjs = d.getElementsByTagName(s)[0];if (d.getElementById(id)) return;js = d.createElement(s); js.id = id; js.async = true;js.src = "//connect.facebook.net/ja_JP/sdk.js#xfbml=1&version=v2.3";fjs.parentNode.insertBefore(js, fjs);}(document, 'script', 'facebook-jssdk'));

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ