ノブコブ吉村が語った「くまだまさし秘話」が破天荒すぎる 「猫を36匹飼って…」

しらべぇ

2019/12/2 13:00

(SurachetMe/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
1日放送『ニノさん』(日本テレビ系)は、ワケあって世に出ていない埋もれてしまったエピソードを披露する『金(きん)のお噺』を放送。平成ノブシコブシ・吉村崇が、先輩芸人・くまだまさしの驚きの秘話を明かした。

◼くまだがヤバい


吉村は「なぜか世に出ない。本人も語らない…語れないのかもしれないけど」と前置きし、46歳の先輩芸人・くまだについて語っていく。

小道具を使った明るいネタを披露するくまだは、かなりルーティンを大事にするタイプ。ネタの衣装や私服もいつも一緒で「映画は人生で1作品しか観ていない。『プリティ・ウーマン』を400回借りている」と吉村は告白。ネタに全力を尽くすために、ほかのことに無頓着になると解説した。


関連記事:中学時代、いじめを親と先生に話した結果… くまだまさしの告白に感動

◼行き過ぎた多頭飼い


さらに、くまだの若かりしころの驚きのエピソードを披露していく。4畳半と6畳のアパートで両親と姉と4人暮らしていた当時、くまだはその狭い空間で「36匹の猫」を飼っていた。これを「異常」「狂気の沙汰」と吉村は指摘しながら話を続ける。

ある日、隣でボヤ騒ぎが起き、くまだは慌てて36匹の猫を逃がしあと自分達も無事に避難した。そうして火事がおさまり、くまだは逃した猫を全部家に戻したのだが、数えるとそこには「38匹の猫」がいたという。

◼視聴者も満足


吉村によって、くまだの知られざるエピソードが明かされたこの日。視聴者からも「くまだまさしすげぇな」と驚きの声が殺到している。

「くまだまさしさんの話聞けて良かった」「くまだまさしのエピソードくそわろた」と楽しんだ視聴者も多かったようだ。

◼くまだが間違いを指摘


放送後、くまだも自身のツイッターを更新。

「ノブコブ吉村くんが『ニノさん」で僕の話をしてくれた。でも吉村先生、隣の家が家事で36匹のネコを逃して戻ってきたら38匹になっていたと言ってましたが、36匹から40匹だよ」と感謝しつつ間違いを指摘している。

観客からは悲鳴と爆笑が巻き起こっていたものの、実際はさらにとんでもないオチだったようだ。芸人は「話を盛りがち」なものだが、吉村の場合は逆だったのかもしれない。

・合わせて読みたい→坊主の芸人7人で撮った集合写真が話題 「誰が誰だか分からない」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ