“アンタッチャブル復活”の話題をおぼん師匠に切り出せなかった芸人

お笑いコンビ・アンタッチャブルが約10年ぶりに漫才を披露して“復活”と注目を集めた。11月29日に放送されたフジテレビ系バラエティ番組『全力!脱力タイムズ』に柴田英嗣がゲストコメンテーターで出演していたところ、MC・有田哲平(くりぃむしちゅー)の仕込みで山崎弘也が登場。久々にアンタッチャブルが顔を並べたわけである。柴田が山崎に扮した小手伸也と組んだコント仕立ての漫才から、本物のザキヤマ登場にいたる流れの口火を切った新木優子は、インスタで「本当に素敵な回に出させて頂きました アンタッチャブルさん、最高でした」と振り返った。また、三村マサカズ(さまぁ~ず)やカズレーザー(メイプル超合金)など芸人たちも“復活”への喜びをSNSに投稿しているが、にゃんこスターのアンゴラ村長は少し複雑な気持ちのようだ。

11月30日に浅草公会堂で行われた『第50回記念特別公演「漫才大会」』を終えて、アンゴラ村長がTwitterで「おぼん師匠は私のことが好きで…」と微笑ましい間柄を明かした。

おぼん師匠は『漫才大会』でにゃんこスターの出番に乱入して盛り上げてくれたり、ある時はアンゴラ村長を「マブダチ」と呼び、お孫さんに会わせてもらうなど可愛がってくれる。

それで彼女も「心の距離」は近づいていると感じていたのだが、どうしてもおぼん師匠に「脱力タイムズ見ましたか?」とは言えなかったというのだ。

実はおぼん(70)とこぼん(70)による大御所漫才コンビおぼん・こぼんが「8年間私語をしていない」ということから、7月3日放送のTBS系バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』で「おぼん・こぼんに催眠術をかけて仲直りさせよう」というどっきりを企画するも失敗。こぼんは「もうやめとけや…」と企画に呆れて帰ってしまい、おぼんは「何で素直になれへんのやろ、一言アイツが謝ればいいのに…」と涙する結果となった。

このたびの『全力!脱力タイムズ』で起きた出来事は、『ゴッドタン』などで知られる佐久間宣行プロデューサーがTwitterで30日に「まあもう今日はアンタッチャブル復活したから仕方ないよね。仕事はもうやめて酒飲むで」とつぶやくほど、お笑い界や業界関係者にとって感慨深いものだった。

佐久間プロデューサーの投稿には、「大袈裟な予告もしないで、さりげなくアンタッチャブル復活させるのカッコよくないですか?」、「是非、コンビ愛確かめ選手権にお願いします!」、「柴田さんマジ嫌い回での飯塚さんの叫び思い出して泣きそうになります」などの反響が寄せられている。

アンゴラ村長もおぼん師匠とそのように盛り上がりたいところだが、「8年間私語がなく」仲直りできないおぼん・こぼんと「10年ぶりに漫才を復活させた」アンタッチャブルの対照的な立場を考えて、切り出せなかったのだろう。

(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ