清野菜名&横浜流星新ドラマ、2人に指令を出す謎の男に佐藤二朗

クランクイン!

2019/12/1 07:00

 女優の清野菜名と俳優の横浜流星がダブル主演を務める2020年1月スタートのドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』(読売テレビ・日本テレビ系/毎週日曜22時30分)に、俳優の佐藤二朗が出演することがわかった。佐藤は主演2人が演じる最凶バディに指令を出す謎の男「Mr.ノーコンプライアンス」を演じる。

驚異的な身体能力を持つ謎の女・ミスパンダと彼女を操る男・飼育員さんが、「Mr.ノーコンプライアンス」からの依頼を受け、警察やマスコミも触れない世の中のグレーな事件にシロクロつける姿を描く本作。清野が囲碁棋士の川田レンと、世間を騒がせる謎の存在・ミスパンダという2つの顔を演じ、横浜が、表向きは大学で精神医学を学ぶ傍らメンタリストNとしてもテレビ出演する医学生だが、裏ではミスパンダの【飼育員さん】となる森島直輝を演じる。

そんな2人に指令を出すのが、佐藤演じる「Mr.ノーコンプライアンス」。直輝の能力に目をつけ、グレーな事件にシロクロつける指令を出す謎の人物で、週刊誌やワイドショーで騒がれる事件がグレーなまま間違った噂や憶測をはびこらせる現状に対し、法律では裁けない真実を暴き出す活動をしているという役どころだ。その行き過ぎた正義感には、過去に下した“ある決断”が関係しているという。

実は同じ愛知県出身で、2018年に同枠で放送されたドラマ『今日から俺は!!』(日本テレビ)では親子役で共演していた清野と佐藤。清野については「注目している女優さんなので、今回また絡めて非常に嬉しいです」と佐藤は語る。そして、「企画書を見たとき“これ本当に地上波でできるのかい!”って思ったくらい、地上波ぎりぎりのところをやろうとしている作品だと思いますので、その辺を見ていただけたらなと感じております」とアピールした。

日曜ドラマ『シロでもクロでもない世界で、パンダは笑う。』は、読売テレビ・日本テレビ系にて2020年1月より毎週日曜22時30分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ