高嶋ちさ子がプレッシャーを感じるのはコンサート初日 「一番イヤな客は…」

しらべぇ




29日放送『ザワつく! 金曜日 一茂良純ちさ子の会』(テレビ朝日系)で、ヴァイオリニスト・高嶋ちさ子がコンサートツアー初日に感じるプレッシャーを吐露。「一番イヤな客」について熱弁した。

◼ツアー初日に緊張


「ここ一番、気合を入れて挑んだ戦い」をテーマにトークを展開するなか、ちさ子は「コンサートツアー初日はすごいイヤ。無くならないかなって思う」とヴァイオリニストとしての本音を漏らす。

長嶋一茂が「(ヴァイオリンを)弾いて皆様に聴かせるのが本分じゃない。それでもイヤなの?」と疑問を口にすると、ちさ子は緊張もあるが「自分がイイと思ったものが良くなかったり、反応悪かったらどうしようって(いう恐怖がある)」と弾き手ならではの苦悩を明かした。


関連記事:高嶋ちさ子、スーパーチェリスツにブチギレ 「男だからバカとか言いやすい」

◼一番イヤな客層は…


さらに、ちさ子は「一番イヤなのは、聴く気のない芸術鑑賞会に来ている男子高校生」と吐露。

自身の学生時代、クラシックに興味のない同級生の姿を見ていたことから、気が引けると明かし、「一番やりにくい。『ほんとごめんなさい。すぐ終わるから』って思う」と恐縮しながら演奏すると苦笑いを浮かべた。

◼7割強は「緊張が苦手」


しらべぇ編集部で全国10~60代の男女1653名を対象に調査したところ、全体の7割強が「緊張する場が苦手」と回答しているように、ちさ子のように多くの人は緊張する場を苦手としている。



お笑いのライブなどでも「面白いと思って来るからハードルが上がる」とちさ子は指摘。観客の「期待のハードル」を超えることの難しさを身をもって知っているからこそ、ちさ子と言えどもコンサート初日に大きなプレッシャーを感じてしまうのだろう。

・合わせて読みたい→高嶋ちさ子、長嶋一茂に憧れる次男に呆れ 「ただのバカじゃないって…」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ