バイオリニスト・NAOTOが贈る“一点物”の特別ライブ、浜端ヨウヘイとmajikoを迎えた第二夜レポート

SPICE

2019/11/29 21:00

Special Living Live produced by “NAOTO” Haute Couture Collections 2019 第二夜
2019年11月7日(木)LIVING ROOM CAFÉ&DINING


バイオリニスト・NAOTOと仲間たちが、ゲストと共に作り上げる特別な音体験。『Special Living Live produced by“NAOTO” Haute Couture Collection 2019』の第二夜は、シンガー・ソングライターの浜端ヨウヘイとmajikoを迎えたフレッシュなコラボレーションになった。普段はロック/ポップスの世界で活躍する二人が、バイオリン、ギター、ピアノというクラシカルな編成と出逢う時、そこにあるのは融合か対決か? 午後7時30分、興味津々の幕が開く。


今日のNAOTOはカジュアルな黒のジャケットで、一人でステージに上がるとおもむろにメロディを奏で始める。曲は福山雅治「家族になろうよ」だ。一台のバイオリンからいくつもの歌声が聴こえるような、情感豊かな技巧。本家とは別の魅力を引き出す、NAOTOオリジナルと言ってもいい演奏に聴き惚れる。

「本日のテーマは“NEW POP”です。僕が大好きなボーカリストを二人お呼びしています」

ステージに上がったその男は、192センチの堂々たる体格の、しかし実に陽気でフレンドリーなジェントルマン。シンガー・ソングライター浜端ヨウヘイとNAOTOは、度を越したカレー好きという共通点を持つ普段からの友人同士だ。いきなり楽しいトークに花が咲くが、マイクに向かうとがらりとムードが変わる。「北野坂」は神戸に実在する地名を織り込んだロスト・ラブバラードで、ピアノを弾きながら歌うパワフルな声量は圧巻のひとこと。バイオリンはあえて控えめに、しっかり歌を支えている。


互いに多忙なため、会ってもカレーだけ食べて別れることもよくあるらしい。「ドライな関係です(笑)」と浜端が言うと、「カレーなだけに」とすかさずNAOTOが突っ込む。客席からは笑いが絶えない。遠山哲朗(G)と呉服隆一(Pf)を加え、陽気な飲み会ソング「グビッ!~はたらき蜂賛歌~」では、宴会の盛り上げ部長のように、人生の転機をドラマチックに綴る応援歌「カーテンコール」では、親身になって相談に乗ってくれる親友のように。圧倒的なボーカルの中に、陽気な包容力とシリアスな感動を併せ持つ、浜端ヨウヘイは大きな歌を歌う大きな男だ。


浜端を送り出し、第一部のラストを締めくくったのは、オリエンタルなメロディが光る「UNKNOWN ASIA」と、ファンキーな「Polyvalent」の2曲。「Polyvalent」のエンディング、丁々発止の楽器バトルは昨日よりも更に激しかった気がする。浜端のパワーに感化されたのか、極めてエモーショナルな名演だった。


休憩後、第二部のスタートを飾る1曲は、1stアルバム『Sanctuary』に収められていた加古隆・作「黄昏のワルツ」。ギターとバイオリンとのデュオによる、三拍子のマイナーコードとメジャーコードを行き来する絶妙な展開が、もの悲しくも胸に沁みるバラード。20年以上前からライブで切磋琢磨してきた、二人の呼吸はぴったりだ。


「二人目のスペシャルゲストをお呼びします。majikoさんです」

続いては、近年急激に注目を集める新世代女性アーティスト。NAOTOとは『ROCKIN’QUARTET』で共演したホリエアツシ(ストレイテナー)を介して知り合い、彼女のアルバムにも参加している仲だ。はにかみ屋、ちょっぴり挙動不審、独特な言葉使い。天然の不思議ちゃんと見せかけて、歌い出すとこれがとんでもなかった。ほとばしるエモーション、自由奔放な歌、少女期の揺れ動く内省を余さず綴る深い歌詞。「初めて聴いて、圧倒的歌唱力にびっくりした」とNAOTOに言わしめた、その実力は本物だ。


曲は「エミリーと15の約束」「パラノイア」、そしてNAOTOがサウンドプロデュースと演奏を手掛けた「マッシュルーム」。激しくロックする「パラノイア」では、NAOTOの繰り出す超絶フレーズに一歩も引かず、アドリブのスキャットで応戦する。「マッシュルーム」は静かな曲調だが、内に秘めたマグマのような激情がふつふつと湧き上がる歌が凄い。荒ぶる歌の神が憑依したような歌いぶりと、天然ボケを連発して爆笑を誘うキャラとのギャップに、初めて彼女を見たNAOTOファンもがっちり心を掴まれただろう。期待以上のパフォーマンスに、NAOTOも自慢げだ。

「まだ若い二人。要チェックですよ」

第二部のラストは昨日と同じ、ファン参加のコーラスで盛り上がる「Precious Day」と、手拍子と手振りで会場が一体化する「HIRUKAZE」。ドラムやベースを入れた編成でも、アコースティックな編成でも、いついかなる時でも盛り上がるキラーチューン二連発。感情をぐらぐら揺さぶられる、とてもエモーショナルな第二部だった。


「せっかくなのでデュエットしてもらいましょう。デュエットといえばやはりこの曲かなと」

アンコールは、浜端ヨウヘイとmajikoと共に贈るスペシャルセッション。曲は90年代J-POPのスタンダード、鈴木雅之と菊池桃子が歌った「渋谷で5時」だ。浜端がサングラスをかけておどけてみせる。majikoとNAOTOが曲中のセリフをばっちり決めて喝采を浴びる。マイクを向けられたNAOTOが、「こんなボーカリストの前で歌いたないわ!」とぼやきながら、驚くほどかっこいいシャウトを決めた。気の置けない仲間だけのパーティーのような、これが『Haute Couture Collection』の醍醐味だ。


さあ、来年はいよいよデビュー15周年。4月に東京と大阪でライブも決まった。「過去を振り返りつつ、また新しいポップ感溢れるバイオリンを弾きたいと思います」とNAOTOは言った。ジャンルを超える様々なアーティストとの共演を経て、広がり続けるNAOTOの世界。2020年は今年以上に素晴らしい年になるはずだ。

取材・文=宮本英夫 撮影=大橋祐希

>>【ライブレポート】NAOTO Living Live produced by “NAOTO” Haute Couture Collections 2019 第一夜

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ