『TOKIO』長瀬智也“独立構想”着々…仕掛け人に浮上した驚きの名前

まいじつ

2019/11/29 19:00

長瀬智也 
画/彩賀ゆう  (C)まいじつ 

ジャニーズ事務所TOKIO』の長瀬智也の行動に、一気に注目が集まっている。先ごろ、一部女性誌が、長瀬と俳優の桐谷健太が〝バンド〟を結成するのではないかと報じたのだ。

「ただし、女性誌は〝構想〟というレベルにとどめています。お互い事務所が違うし、すぐにという話ではないでしょうが、全くあり得ない話でもない。長瀬は『TOKIO』が事実上の活動停止状態にあることを悩んでおり、音楽活動の再開を熱望しています。もし独立してソロになれば可能ですからね」(ジャニーズライター)

昨年5月、ベース担当だった山口達也氏がわいせつ事件を起こし、事務所をクビになったのは周知の通り。長瀬は復帰を懇願しているというが、コトがコトだけに簡単にはいかない。

「事務所の副社長という責任ある立場である滝沢秀明氏は、山口氏の復帰は絶対ノー。でも、長瀬は事務所の功労者であり、今も中核。滝沢氏も気持ちをくんでいるといい、『TOKIO』を事務所傘下の別会社にする考えを持っています」(同・ライター)

この別会社案に関しては、具体的な情報も出ている。リーダー・城島茂が新たに代表就任。TOKIOの活動を仕切るというのだ。

「城島も山口氏復帰派ですから、バンド活動に必要だと思えば、まずサポートベースとして雇えばいい。ただ、それでジャニーズ本体に悪影響やトラブルがあるようなら、城島の責任。会社組織ではよくある運営スタイルです」(女性誌記者)

鍵を握るのはあの男…


山口氏も不可解な動きを見せている。去る8月に週刊誌のインタビューに登場。「復帰はあり得ません」としながら未練が見え隠れ。

「復帰がないなら語る必要もなかったはず。インタビューを取った週刊誌は、すでに復帰のシナリオも得ているという話まで浮上しています。契約解除から丸2年の来年5月、ジャニーズではないところから芸能界復帰説があるのは確か」(同・記者)

冒頭の桐谷もそうだが、最近、長瀬にはやたら独立説が書かれている。そこには〝仕掛け人〟がいるという。

「情報源が木村拓哉だというのです。長瀬と木村は仲がいい。2月には木村のラジオ番組にも出演しました。木村が大型バイクの免許を取ったのは長瀬のアドバイスともいわれます。木村は自分の評価が下がる一方なので、長瀬を使って影響力を見せているのだとか。木村を〝キーマン〟と呼ぶ週刊誌もあり、最近の情報の出どころが木村サイドだとすれば合点も行く。長瀬は滝沢氏も文句が言えない存在だし、木村は自分保身の材料にしているのかもしれません」(夕刊紙記者)

もろもろのツジツマが合ってきた感じだ。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ