仮面ライダーグリスの武田航平、北都三羽ガラス・赤羽の栄信、黄羽の吉村卓也が演劇ユニットを結成 2020年に3人芝居を上演

SPICE



『仮面ライダービルド』で人気を博した、武田航平栄信吉村卓也が演劇ユニットを結成したことが発表された。

武田、栄信、吉村の3人は、2017年9月~2018年8月に放送された『仮面ライダービルド』で、猿渡一海/仮面ライダーグリス(武田航平)、グリスの弟分である、北都三羽ガラスの一人・赤羽/キャッスルハードスマッシュ(栄信)、同じく北都三羽ガラスの一人・黄羽/オウルハードスマッシュ(吉村卓也)として出演した際に出会い、その後、Vネクスト『ビルド NEW WORLD 仮面ライダーグリス』でも共演したことで意気投合。3人の仲の良さは、公開イベントなどでやりとりがニュースになるほど話題になった。また、吉村のラジオ番組に武田、栄信がゲスト出演したり、3人の交流がSNSにアップされると、ファンから熱い反響が起き、彼らの今後の動向が注目されていた。

そんななか、「3人で新しい挑戦をしていこう」と、新しく演劇ユニットを結成し、2020年3月17日(火)~22日(日)に浅草九劇でオリジナルの舞台を上演する。

3人芝居であることと、脚本・演出を吉村が担当すること以外はまだベールに包まれており、気になる演劇ユニット名、作品タイトル、作品ビジュアルなどの最新情報は、開設されたオフィシャルTwitter(@3unitstage)にて順次発表される。どんな舞台になるのか、彼らの挑戦に期待しよう。


武田航平 コメント


この度はおふざけと思われても仕方のない3人で集まってみました。はい。若輩者ながら、自分たちなりに何か発信していきたいと思い発足させていただきました。まずは1回目……やってみようということでチャレンジさせて頂きます。しかし、やるからには本気です!見てくださる方々が楽しめるようなモノを創作していけるようやらせて頂きます! よろしくお願いします!

栄信 コメント


この度、ありがたい事に2020年3月、3人で舞台をやらせて頂くことになりました。一つの作品で出会った役者たちが媒体を変え、役柄を変え、信頼できるスタッフのみなさんと共にまた表現できることをとても嬉しく思います。吉村卓也が描く世界を、3人で表現する空間を是非お楽しみにして頂ければと思います。やる気MAX!! ご期待ください!!

吉村卓也 コメント


思えば僕たちが新しい事を始める時は、いつも居酒屋からはじまります。僕たちの映画『仮面ライダーグリス』をなんとかして作ってもらおうと動き始めたのも、お酒を片手に語り合っていた時。そして今回「ユニットを組んで舞台を作りませんか。」と、お二人を口説いたのも居酒屋でした。お酒の力というのは偉大ですね。アルコールが入り判断能力の低下も功を奏したのか、二つ返事でオッケーをいただきました。そもそも、なぜ演劇ユニットを結成しようと思ったのか、理由は大きく二つあります。
2019年2月に自身初となる一人舞台に挑戦し、そこで作品作りの産みの苦しみを知り。それ以上に、自分の創造が形になり、お客さんの元へ届いた時の幸福感を知りました。「創造し続けたい。」そのためのホームを作りたかったのが、一つ目の理由です。
そして二つ目の理由、これがユニット結成最大の理由です。
武田航平さん、栄信さん。このお二人と、僕が芝居をしたいからです。見た目も、今まで演じてきた役のタイプもまるで違う三人。その三人が同じ舞台に立った時、どんな舞台が出来上がるんだろう。それを考えたらワクワクが止まらず、そんな舞台が出来るのであれば自分で作り上げたい、そう思いました。
演劇ユニット結成、第一回目となる舞台では脚本、出演、そして初となる演出にも挑戦します。武田航平、栄信、吉村卓也。この三人だからこそ出来る舞台になるように精一杯頑張ります。ぜひ僕らの挑戦を観に来てください。

<プロフィール>
■武田航平
第14回「ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト」審査員特別賞を受賞。仮面ライダーキバ、仮面ライダーディケイド、仮面ライダービルド、仮面ライダーグリスとして出演し“平成仮面ライダーの申し子”と称される。最近では2015年「ホテルコンシェルズ」2016年「HiGH&LOW THE MOVIE」、2018年「精霊の守り人」、2019年「ミリオンジョー」などの話題作に出演し、現在は宮本亜門演出の『イノサン musicale』でアラン・ベルナール役を熱演中。

​■栄信
舞台『ヴォツェック』、映画では、2015年「ヒメアノ~ル」、2016年「ヒーローマニア-生活-」2018年「いぬやしき」などに出演し、最近では「3年A組今から皆さんは、人質です」、「ニッポンノワール-刑事Yの反乱-」に出演し、注目を集めている。

​■吉村卓也
「アミューズ30周年記念オーディション」で審査員特別賞を受賞。2008年舞台『毛皮のマリー』、2014年『タンブリングFINAL』、2018年『おおきく振りかぶって 夏の大会編』などに出演。2015年~2017年の間は、お笑いコンビ伊村製作所を結成し活動をしていた。その後、2019年に自身で脚本を執筆した一人舞台『よりによって』を上演。高い評価を得た。2020年には明石家さんまの主演舞台『七転抜刀!戸塚宿』に出演が決まっている。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ