高橋みなみ、いじめられていた過去を告白 「全然学校に行けてなかった」

しらべぇ

2019/11/28 06:30




27日放送の『BACK TO SCHOOL!』に、タレントの高橋みなみ(28)が出演。いじめられていた過去を告白し、視聴者からは驚きの声が上がっている。

■「体が弱くて…」


埼玉県内のとある高校で、3日間だけ学生生活を送ることとなった高橋。AKB48の初代総監督として、8年間メンバーと向きあってきた経験を活かし、さまざまな生徒の相談に乗ることとなった。

そうしたなか「人間関係がうまくいかない」と悩む女子生徒の話をきっかけに、自身の過去を語り始めた高橋。「小学校の低学年のとき、めちゃくちゃ体弱くて…」と思い出しながら、「全然小1、2とか行けてなかった」と振り返る。

3年生に入った頃に元気を取り戻したそうなのだが、友達もほとんどいなく、いじめられることもあったと話した。


関連記事:渡辺直美の「KinKi Kidsあるある」に同世代女子も納得 「確かにクラスでしてた!」

■学生服見るたび「羨ましい」


このように自身の過去を打ち明けることで、学生たちとの距離を徐々に縮めていった高橋。最終日には生徒たちから「僕の人生を変えてくれた」「人生の中で(高橋の存在が)ターニングポイントになった」と感謝の言葉を贈られるまでに。

一方で高橋も、この3日間に並々ならぬ幸福を感じていたよう。14歳からAKBの仕事を始め、ろくに登校することもできず、高校は通信制だったという高橋。大人になって学生服を見るたびに「羨ましい」という感情が抜けなかったそうだ。

それだけに最後は大粒の涙を流しながら、「とても幸せな時間でした」「本当に楽しかったです」と、生徒たちに感謝の気持ちを述べた。

■「3日間でも立派な青春」


明かされた辛い過去と、普段テレビで見せる陽気なキャラクターとのギャップに、視聴者からは「たかみなも大変だったんだな…」「明るく見える人も裏では悩んでたんだね」と驚きの声が。

一方、人生のしこりともなっていた「青春へのあこがれ」を解消できたことには、「良かったね! 制服とても似合っていたよ」「たった3日間でも立派な青春」と喜びの声が上がった。

■もう一度青春がきてほしい?


いじめなどの負の側面もありながら、一方で恋愛や友情など、多くの大切なことを学べる青春時代。しらべぇ編集部が全国10~60代の男女1,721名を対象に調査を実施したところ、半数以上の人が「もう一度きてほしい」と回答する結果となった。



テレビでの輝かしい活動の裏に隠されていたつらい過去。むしろ、そうした経験があるからこそ、今の活躍があるのだろう。

・合わせて読みたい→高橋みなみ、篠田麻里子の結婚式で顔に異変 「感動して泣いてたら…」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の男女1,721名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ