ガンバレルーヤ・よしこ、超特急との副音声収録でホストクラブ気分!?『モトカレマニア』第7話

テレビドガッチ

2019/11/28 05:00

新木優子と高良健吾がW主演を務める木曜劇場『モトカレマニア』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)の第7話が、11月28日に放送。周防ひろ美役のよしこ(ガンバレルーヤ)と、本作の主題歌「Revival Love」を歌うメーンダンサー&バックボーカルグループ超特急から、カイとリョウガとユーキがキャリア初となるドラマの副音声に挑戦する。

本ドラマは、現在「Kiss」(講談社)にて連載中の瀧波ユカリの同名コミックを原作に、元カレ・斉藤真(通称:マコチ/高良)を引きずるあまり、“モトカレマニア”になってしまったぶっ飛びOLの難波ユリカ(新木)の混乱と暴走と試行錯誤を描くラブコメディ。

2回目となる副音声の収録を終えたよしこは「4話の(関口)メンディーさんとの副音声も楽しかったですけど、今回は3人のいい男に囲まれて、ちょっとホストクラブにいる感じでした。最高のVIPルームでした!(笑)」とコメント。第7話の見どころについては「今回はさくらさん(山口紗弥加)の家でのパーティーで、修羅場みたいなハラハラする感じが味わえると思います。女性視聴者の方は多分好きだろなって思う、女性のあるあるなシーンがあって、そこが面白いかなって思っています!」とアピールした。

<第7話あらすじ>
ユリカ(新木)は、マコチ(高良)から「好きだ」と告白され、もう一度彼と付き合うことになった。朝、目を覚ますと隣には妄想ではないマコチが眠っていることに、幸せを感じるユリカ。マコチは、チロリアン不動産の安藤(小手伸也)たちにユリカとの交際を報告し、皆から祝福を受ける。

一方、さくら(山口)は、女性たちに幸せを与え、自身の幸せも追求する輝く女性に贈られる「ハッピーウーマン2019」に選ばれる。だが、その賞を主催しているのが自身の小説「がんそば」を出している出版社だと知ったさくらは、複雑な心境だった。

ある日、チロリアン不動産に、ユリカが旅先で知り合った草木染作家の桃香(矢田亜希子)がやってくる。前夫と住んでいた家を売りたいのだという。マコチは、案件を抱えていたユリカに代わって、桃香の担当を引き受ける。そんな中、ユリカの発案で、さくらの「ハッピーウーマン2019」受賞祝いのパーティーが開かれることに。海外ドラマに出てくるパーティーのように、知っている人も知らない人も集まってパーッと騒ぎたい、というさくらのリクエストを受け、山下(浜野謙太)やむぎ(田中みな実)、チロリアン不動産の大沢(森田甘路)、白井(関口)にも声をかけるユリカ。すると、ユリカやひろ美(よしこ)の行きつけの店「BARネコ目」を訪れていたむぎは、店にやってきた千鶴(趣里)をパーティーに誘い……。

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ