『テラスハウス』ピンクのバラに込められた想いとは、“大人のデート”に視聴者反響

dwango.jp news


Netflixで配信中のリアリティーショー『テラスハウス』。新シリーズとなる『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』の第24話『PINK ROSE』が、11月26日に配信された。

現在テラスハウスに入居のメンバーは、女優の奥山春花、アルバイトの西野入流佳、大学生の水越愛華、漫画家のデュラト・ジュゼッペ(以下ペッペ)、プロバスケットボール選手の田渡凌、プロレスラーの木村花の6人。



今回、ペッペと春花がデートに行った様子が配信され、その後の2人の関係の行方にファンからは反響の声が相次いだ。(以下ネタバレあり)

以前、春花から「近々テラスハウスを卒業する」と打ち明けられたペッペは、春花に「今度かっこいいデートをしよう」と提案。今回、そのデートの模様が配信された。

ペッペと春花は、お互いドレスアップして待ち合わせ。いつもラフなファッションのペッペだが、スーツでばっちり決めて登場。春花も黒のワンピースでドレスアップ。ペッペは春花の姿を見て「超かわいいね」と褒め、手に持っていたピンクのバラの花束を春花に手渡した。

ペッペがデートに指定した店は、品川プリンスホテルの39階にあるバー。2人はマティーニで乾杯し、他愛もない話をしたり、時に見つめ合ったりし、特別なデートを楽しんでいる様子。

ふいに春花が「花は渡すのは一般的?」と花束をプレゼントされた理由を尋ねると、ペッペは「全然一般的じゃないよ。春花は特別」と返事。さらに続けてペッペはピンクのバラにしたのにも理由があると切り出し「ピンクのバラは始まったばかりの恋という意味がある。赤いバラは100%愛している人にあげる。僕は春花のことを最近好きになったから、ピンクの花を渡した」と自分の想いを告白。そのペッペの告白に対し、春香は笑顔で「ありがとう」と返答し「私もペッペのこと好きだよ。でも、ペッペのことまだ知らないから、もうちょっと時間が…」と今日すぐにペッペの告白に応えることができないと告げた。続けて春花はペッペのことを知りたいと思いつつ、漫画に専念してほしいと思い自分から誘えなかったと本音を打ち明けると、ペッペは「全然いいことだよ。楽しみにしていることがあれば、漫画も頑張れる」と話し、2人のデートは幕を閉じた。

その夜、テラスハウスに帰ってきたペッペと春花。帰宅後、リビングでペッペは春花にお揃いで買ったパジャマをプレゼント。ソファーに座り、良い距離感で見つめ合い、ふと2人の間に沈黙が訪れる。そんな春花とペッペの今にもキスしそうな様子に、スタジオメンバーからは「チューしろ!」「しぐれてるよ!!」「いけいけ!」と興奮のコメントが飛び出した。

そしてペッペの告白から3日後、春花はペッペに「この間のレストランの返事…あの時あんまり冷静に考えられなかったから一回持って帰ったんだけど、返事できなくて。すごいよく考えたんだけど…」というところで場面は終了。春花の返事は次回放送に持ち越しとなった。

放送終了後、ファンからは「ペッペ紳士的!大人なデートうらやましい!!」「めちゃくちゃいいところで終わった!」「2人に上手くいってほしい!!」と反響の声が相次いだ。

『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』番組概要

Netflixにて毎週火曜0時に新エピソード先行配信(4週に1週休止)

FODにて毎週火曜0時(月曜24時)に配信予定(4週に1週休止)

フジテレビにて毎週月曜深夜放送

スタジオメンバー

YOU

トリンドル玲奈

徳井義実

馬場園梓

山里亮太

葉山奨之

(c)フジテレビ/イースト・エンタテインメント

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。