『えんとつ町のプペル』THE STAGEの全情報が解禁 振付はコンドルズの近藤良平、衣裳はひびのこづえ キャストは宮下雄也、尾関陸ら

SPICE



2020年1月21日(火)~1月26日(日)神戸・ AiiA 2.5 Theater Kobe、1月30日(木)~2月5日(水)東京・天王洲 銀河劇場にて上演される、『えんとつ町のプペル』THE STAGE。本公演の全情報が解禁となった。

舞台化が発表された際、話題となった本作。西野亮廣+イラストレーター・クリエイター総勢33名で作り上げた『えんとつ町のプペル』の世界観を表現するのは、コンテンポラリーダンス界に一躍革命を起こしたダンスカンパニー「コンドルズ」を率いる主宰・近藤良平。近藤が振付を担当し、えんとつ町の住人をどう“躍らせる”のか。

さらに、衣裳プランナーには、演劇やダンス、映画、テレビなど多分野にわたり数々の作品を生み出してきた日本を代表するコスチューム・アーティスト、ひびのこづえが決定。“ゴミ人間”のプペル&ルビッチをはじめとする、えんとつ町の住人たちの個性豊かな衣裳にも、期待したい。

そして、既に解禁済みのプペル役の萩谷慧悟、ルビッチ役の須賀健太に加え、出演が決定したのは、宮下雄也尾関 陸北乃颯希谷津 翼皇希佐久本歩夢町田マリーなだぎ武の8名。舞台や“2.5次元ミュージカル”、お笑いや声優など、様々な分野で幅広く活躍する魅力的なキャストがそろった。合計10名の個性豊かなキャスト陣が、お客様を“えんとつ町”の世界へ誘う。

当記事はSPICEの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ