【実録】JASRAC(ジャスラック)に潜入してみた! 本社ビルの中で見た社員の「本当の姿」がコレだ!!



JASRACのせいで街から音楽が消えた! JASRACが音楽をつぶす!!

2019年7月には、音楽教室へ潜入調査を行って大炎上したことも記憶に新しいJASRAC。その所業はまるで悪の秘密結社のごとし! 許せねェェェエエエ!! というわけで、逆にJASRACに潜入してみた

・ガチ潜入
東京都渋谷区上原3丁目6−12。これがJASRAC本社ビルの住所だ。場所は分かっている。とは言え、難しいのが何も考えずビルに入ったところで、受付で止められて終了ということ。それでは潜入とは言えまい。そこで、JASRACの会員になることにした。

そもそも、私(中澤)は売れていないとは言えミュージシャン。これまで何枚も全国リリースをしているので、会員登録もできるはずだ。と、ここで以下のような疑問を持った人がいるかもしれない。

「CDリリースしてるのにJASRACの会員じゃないの?」と。多分、リリースしたことがない人には分からない世界かと思われるため、先にこの疑問にざっくりお答えしよう。知っている人は飛ばしてくれ

・なぜリリースしてるのにJASRAC会員じゃないのか
まず、CDをレコード会社からリリースする場合、著作権については、通常、音楽出版社(事務所など)とミュージシャンが契約を交わす。その音楽出版社が著作権管理団体(JASRACとか)と契約しているため、印税を受け取ることができるわけだ。

ただし、これはあくまで音楽出版社が間に入る契約であり、平たく言うと作品単体の契約。ミュージシャンが著作権管理団体の会員になっているわけではない。

この音楽出版社をすっ飛ばしてミュージシャンが著作権の印税を受け取れるのが、JASRACとミュージシャンの契約。したがって、著作者が自発的にJASRACと契約を結ばない限り、JASRACの会員になるということはありえない。CDをリリースしていてもJASRACの会員ではないミュージシャンはいっぱいいるのだ。

・入会の条件
さて、話を戻し、入会するにあたり、念のためJASRACの会員になるための条件を調べてみた。公式サイトの「著作権信託契約を結ぶための要件」によると、以下の条件のうち過去1年以内でいずれかを満たしていれば契約できるもよう。

1. 演奏等……入場料がある催物で、作品が利用されていること。定員が500名以下の会場の場合は、1年以内に3回以上演奏されていることが必要。※自身が主催する催物は除く。

2. 放送等……NHKや民間放送(BS・CS放送を含む)のテレビ・ラジオにおいて、作品が利用されていること

3. 映画……映画館又は入場料のある上映会等において利用されていること。定員が500名以下の会場の場合は、1年以内に3回以上上映されていることが必要

4. 出版……全国に流通する楽譜・雑誌等の出版物で、作品が利用されていること。ただし、出版社などが、市販を目的として企画・製作した出版物に限られる

5. オーディオ録音及びビデオグラム録音……全国に流通するCD、DVD等の録音・録画物に、作品が利用されていること。ただし、レコードメーカーなどの録音・録画物製作者が、市販を目的として企画・製作し、累積1,000枚以上製造された録音・録画物に限られる

6. 有線放送等……有線ラジオ放送又は有線テレビジョン放送において利用されていること

7. 業務用通信カラオケ……業務用通信カラオケにおいて、作品が利用されていること

8. インタラクティブ配信……商用配信サイトにおいて、作品が利用されていること。※投稿型サービスは除く

──放送、映画、有線、カラオケはある程度売れていないと厳しいだろう。だが、演奏、出版、録音、インタラクティブ配信は売れていない私でも経験がある。過去1年以内で言うと、演奏、インタラクティブ配信の項目は規定を満たしているんじゃないだろうか。

・インタラクティブ配信とは
インタラクティブ配信って要はi-Tunesとか、Spotifyへの配信でしょ? 今の時代、こういった配信はまともな自主音源さえあれば自分ですぐにできる。

また、演奏の項目はハッキリ言ってゆるい条件だ。普通に活動しているバンドマンであれば、ライブハウスで年3回くらいはライブをしているはず。「※自身が主催する催物は除く」と記載されているが、それはつまり、ライブハウスのブッキングイベントはOKということではないだろうか。主催がライブハウスだから。

・ファーストコンタクト
というわけで、名前や連絡先、住所などの個人情報や作品情報などを入力し資料請求したところ、後日JASRACから電話がかかってきた。何の用だコラ! タココラ!!

JASRAC「私、JASRAC会務部の山本と申します。信託契約の資料請求ありがとうございます! 入力いただいた内容を確認させていただきたくお電話差し上げたんですが、今お時間大丈夫でしょうか?」

──あまりに突然のコンタクトだったため、思わずブチキレてしまったが、内容は改めて入会要項を満たしているかの確認とのこと。あ、どうもご丁寧にすみません。

そこで、演奏とインタラクティブ配信の項目について質問したところ、私の認識に問題はないようである。だが、どうやら契約するには入会費がかかるようだ。まあ、さすがに無料ではないか。こうしてファーストコンタクトは普通に終わった。

・山本という男
なんだか肩透かし……いやいや、騙されてはいけない。あの泣く子も黙るJASRACである。電話越しでは丁寧に感じた山本という男は、実はインテリヤクザみたいなキャラに違いない。丁寧に笑顔で人を追い込んでいく姿に「スマイリー山本」と呼ばれているはずだ。山本こわッ

できることならスマイリー山本とはかかわりたくないが、JASRACに潜入する以上いつか決着をつけねばならない相手の1人である気がした

早くもJASRACの恐ろしさを垣間見た私。会員登録が進むにつれ、スマイリー山本は次々とその本性をあらわにしていく! 実に2カ月にも及んだ会員登録は2ページ目(https://wp.me/p25BsW-5pWa)で!! 一刻も早くJASRAC本社ビルの内部を見たい方は3ページ目(https://wp.me/p25BsW-5pWa)にGO!

Report:中澤星児
Photo:Rocketnews24.

画像をもっと見る
Related Stories

当記事はロケットニュース24の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ