『スッキリ』賛否の声上がる生理バッジ 近藤春菜の意見に共感集まる

しらべぇ




大丸梅田店が22日より試験的に導入している、女性スタッフが生理であることを表すための生理バッジが波紋を呼んでいる。

賛否の議論はいまだ白熱しているが、25日放送『スッキリ』(日本テレビ系)でハリセンボン・近藤春菜が主張する内容に、視聴者からは「言ってくれてありがとう」と共感の声が寄せられた。

■強制ではない


大丸梅田店にオープンした女性の性と生理にフォーカスしたゾーン『michi kake』(ミチカケ)によると、生理バッジはあくまで試験的な導入であり、強制ではないとのこと。

しかし「生理バッジをつけることで社内間コミュニケーションを促し、スタッフ間で気遣えるように」とのコメントに、「自分は生理ですとわざわざ公表する必要はない」「従業員同士だけ分かるようにやればいい。それなら助け合ってカバーし合える」とSNS上で様々な意見が相次いだ。

また25日放送の『スッキリ』にて、生理バッジの話題が取り上げられると、議論はさらに過熱した。


関連記事:生理とは違う!女性の悩み「PMS」を知らない男性が多すぎ

■恥ずかしさはある


番組内ではコメンテーターの榊原郁恵が生理について「トイレにポーチを持って行くときは、恥じらいを持って」と持論を展開。

SNSでは「生理用品は可愛いものが多く、たしかに持ち歩くのは恥ずかしい」「生理と思われたくないからポーチを隠してトイレに行く」という意見が見られた。

一方で「生理は恥ずかしいものではなく、現象だ」「オープンにする必要もないけど、恥じらう必要もない」という呟きもある。

■近藤の持論


同番組では近藤春菜も「生理には個人差がある」とコメントした。これに「春菜ちゃんの言う通り、個人差がある。私は気絶するほど酷いけど、家族はそうでもない…」と共感の声が寄せられている。

さらに近藤が、生理前後に起こるイライラや、頭痛などの症状・PMSにも言及すると、SNSでは「そうそう!生理前後は性格が変わるの、春菜ちゃん言ってくれてありがとう」と感謝のツイートをする人も現れた。

PMSの症状には個人差があるため、広く理解を得るのは難しい。また生理の話はタブー視されがちだ。

しかし今回生理バッジが賛否を巻き起こしたことで、様々な意見がSNSやテレビ番組で交わされている。そのため「生理バッジのアイデアが世に出なければ、こうして意見を交わす機会は無かった。生理バッジの功績は大きい」という声もある。

■PMSに悩んでいる女性の割合は?


しらべぇ編集部が全国10~60代の女性899名に調査したところ、全体の13.9%が「PMSの症状が重くて悩んでいる」と回答した。数は少ないながらも、PMSに悩んでいる人が一定数いることを理解しておきたい。



社内間のコミュニケーション促進や、PMSが辛い人や生理になった人への気遣いとして試験的に導入された生理バッジ。来店客へは知らせず、あくまで職場内だけで情報を共有し、生理休暇や仕事の負担を減らす方向で役立てたらいいのではという意見も出ているようだ。

・合わせて読みたい→目前に迫った消費増税と軽減税率制度 不安を訴える人が続出

(文/しらべぇ編集部・大五郎

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日
対象:全国10代~60代の女性899名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ