神木隆之介に思わず引き込まれる、光と影で表現したグラビア

dwango.jp news

2019/11/25 18:00


11月30日に発売される雑誌『Audition blue』(白夜書房)1月号の表紙および巻頭特集に、神木隆之介が登場。撮り下ろしのスペシャルグラビア&インタビューが20ページの大ボリュームで掲載されている。

2歳で子役としてデビューし、その確かな演技力と光る存在感で、常に第一線で活躍し、今や国民的俳優となった神木隆之介。12月13日から公開の映画『屍人荘の殺人』でも主演を務めている。

「いざなわれる光」とタイトルがつけられたグラビアは、思わず引き込まれてしまう神木隆之介のナチュラルで飾らない雰囲気や、役者としての底知れぬエネルギーを光と影で表現したグラビアなど、その魅力を全方位から堪能できる。インタビューでは、リアリティをもって演じる上での細かなこだわりや、好きなことに没頭してしまう一面などについて伺える内容となっている。

また神木隆之介もゲスト出演する、今年15周年を迎える“ハンサムライブ”特集も掲載。ハンサムライブの過去の名シーンの振り返りから、今年注目の“ハンサム”から小関裕太、松岡広大、甲斐翔真、渡邊圭祐、鈴木仁の5人も登場する。

さらに映画『午前0時、キスしに来てよ』で橋本環奈とW主演を務める・片寄涼太のカラフルでポップなシチュエーションと、ありのまま楽しむ姿を捉えた10ページの撮り下ろしグラビア&インタビューは必見。

ドラマ『あなたの番です』の刑事・神谷将人役で大きな反響を呼んだ浅香航大、『仮面ライダーゼロワン』の主人公・飛電或人を演じる現役仮面ライダーの高橋文哉の撮り下ろしグラビアに、鈴木伸之・町田啓太・佐藤寛太のスリーショットグラビアも掲載。また、毎号予想外の展開が繰り広げられる神尾楓珠の『楓とロック』と萩原利久による『全力公園』も好評連載中であり、今月も見逃せない内容となっている。『Audition blue』1月号は全国書店、ネット書店にて発売。

■Audition blue
発売日:2019 年11月30日(土)全国書店にて発売
判型:A4判 定価:1000 円(税込)
ページ数:114ページ

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ