尼神インター誠子、ダイエット成功も思わぬトラブルが!?

※画像は、『メレンゲの気持ち』公式Facebook より

 

11月23日放送の『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)に、お笑いコンビ・尼神インターの渚と誠子が登場。渚はそのタメ口キャラが仕事に思わぬ影響を与えたことを告白、また誠子は10キロダイエットに成功したものの、意外な副作用があったことを明らかにしてスタジオは大爆笑となった。

 

誠子「この年で首が座らなくなって」

 

MCの久本雅美から「辛いと思った仕事は?」と聞かれた渚は「私は先輩方にタメ口をきいたりするんですけど、怒られたことがないんですよ、キャラだと思われてるんで」と話した後「ダウンタウンの浜田(雅功)さんをド突かせていただいたり、爆笑問題の太田(光)さんには飛び蹴りくらわしたり。でも理由があって、向こうが喧嘩売ってくるから買うだけで」と話し、皆を笑わせる。

 

ところが「一般の人にもタメ口で『そうなん?』とか喋ったりするんですけど、ある関西のロケ番組で同じようにやってたら、その番組の偉い人がVTR見て『ちょっと待て、こいつ偉そうやな』てなって、結局その番組NGになりました」と続けて、スタジオ中驚きの声が上がっていた。

 

一方誠子は、昔の写真と比べて痩せた姿が公開され「昔は75キロあったんですけど、1年間で10キロ痩せたんですよ」と話し、久本も感心の声を漏らす。そして痩せた理由を「私30歳になったんですけど、これを機に婚活を始めたいと思いまして。同じ事務所の横澤夏子ちゃんが婚活頑張って結婚したので、『夏子ができるなら誠子もできる!』と思って。玄米とか豆乳とかナッツとか、すごい美容にいいものを取り入れたんですよ」と明かすものの、久本は「モデルみたいなことやってるけど、顔は(お笑い芸人の)ほんこんみたいやもんな」と茶々を入れて爆笑となった。

 

また、逆に痩せて困った事を聞かれると誠子は「身体は痩せたんですけど、顔はスゴいデカいままで、肩こりがエグいんですよ。だから漫才中も首がふらふらして、私この年で首が座らなくなったんですよ」と明かし皆爆笑となった。

 

(めるも編集部)

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ