超脈ナシの片思い…両想いに変える方法4選

カナウ


超脈ナシの片思い…両想いに変える方法4選

どう考えても両思いになる見込みのない恋愛を両思いに変化させるには、どうしたらいいのでしょうか?

今までまったく脈がなかったのに、両思いにさせた人もいるので、今から簡単に実践できそうな方法やコツをまとめました。恋愛初心者でも真似できそうなことばかりですよ。

脈なしの相手と両思いになるポイントは、一気に詰め込むのではなく、徐々に段階を追って仲良くなることですよ。

目次



1.相手の好みのタイプを探り、近づける


好きな人の好みを情報収集しましょう。絶対にゆずれない条件を知っておくことによって、戦略を立てやすくなります。
相手の好みのタイプを情報収集したら、理想のタイプに近づけるよう努力をしてください。もしスタイルのいい女性が好きなら、ダイエットや筋トレをする必要があり、努力のやり甲斐がありますよね。一生懸命目標に向かって努力している姿は、好みのタイプでなくても魅力的に映るものです。

2.頻繁に顔を合わせるようにする


脈なしの相手と関係を上手くいかせるためには、会う頻度を増やすこと。学校や職場などが一緒の場合は、挨拶や短い会話を頻繁にするようにしましょう。
もし共通点がないなど、頻繁に会うことが難しい場合でも、デートをこまめに重ねるようにしてください。2人で何度も会うことによって、お互いへの理解が深まります。

3.少しだけ積極的にアプローチする


脈がないとわかると、好きな人に対して消極的になってしまいがちですよね。ガッツリ攻め込むのではなく、少しだけアプローチをするようにしましょう。完全に受け身姿勢では脈なしの好きな人との距離を縮めることができず、逆に積極的に攻め込みすぎると相手が引いてしまう可能性があります。
受け身姿勢が7割、アプローチするのは3割程度に留めておくのがベストです。控えめな姿勢でなら、相手も「どうして僕のことは好きなのにそれほど積極的にアプローチしてこないののだろう?」と、気になる存在を演出することができます。

4.好意を言葉にする


ストレートに好意を言葉にするようにしましょう。たまに目が合う、笑顔になる程度のアピールも悪くはありませんが、直接言葉にすることによって、気になる存在になっていきます。
たとえば「優しいところが素敵」や「おしゃれな服装をしていますよね」、「そういうところ尊敬しています」などの褒め言葉を積極的にかけることによって、相手の行為は伝わりやすくなります。

●諦めることもときには必要


脈なしでも情熱的なアプローチを続けることによって、相手の気持が大きく揺れ動く場合もあります。その一方で、片思いのまま終わることも多いのも事実です。好きな人をものにできれば最高ですが、もし叶わなかったとしても潔く諦めることも必要でしょう。
(番長みる/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ