明石家さんまハートブレイク…剛力彩芽との“恋愛妄想”がキモ過ぎる

まいじつ

2019/11/23 19:02

明石家さんま
画/彩賀ゆう(C)まいじつ

このところ〝老害〟呼ばわりされることが多くなった明石家さんま。至るところから「気持ち悪い」「もうやめて」などの悪評が聞こえてくるが、どうにも本人が気付いていないから最悪だ。

「さんまの難点は、年相応のジョークが言えないことに尽きます。トーク番組で、女優の石田ゆり子に向かってさんまは『何で結婚しないんですか?』の典型的なセクハラ発言。広瀬すずには『結婚しよッ』と迫るなど、キモさ全開でしたね」(芸能ライター)

さんまは、何十年か前のお笑いが今も通用すると思っているのか、〝セクハラ芸〟を繰り出しまくる〝キモオヤジ〟なのだ。

「例えば加藤茶の奥さん・綾菜さんが先ごろテレビで、結婚の際に『財産目当て』とたたかれたことを明かしました。少なくともいい雰囲気で結婚したのに、世間は綾菜さんをよく思わなかった。でも、今結婚9年目で円満夫婦だといいます。2人は45歳差ですが、誰もカトチャンを『キモい』とは言わなかった。それが男女の恋愛でしょう。さんまだって再婚してもおかしくないのに、さんまだと『やめて』『もう引退して』になってしまうのです」(同・ライター)

昔からのさんまの持ち芸“一人芝居”


さんまは、11月16日、ラジオ番組『ヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)に出演。破局報道のあったばかりの女優・剛力彩芽について、「もう僕、振り回されることはしませんから。今さらな」と発言。さらに、「万が一やで、『やっぱり私、間違っていた』『やっぱりさんまさん』って言葉を掛けられても、今さらやんか」と、一方的に話しだした。

「さんまは以前、剛力のことが好きだという発言をしています。でも剛力は、実業家の前澤友作氏と交際。この11月に破局したことが分かった。だからさんまとしては、今さら『付き合いたい』と言われても、それはダメだと勝手に言ったわけです。さんまはネタとしながら、内心は〝付き合ってもいい〟と思っているということでしょう。フリーアナの加藤綾子のことだって、いまだに諦めていない。だからキモイと言われてしまうのです」(芸能記者)

何だかかわいそうなさんま…。みんなから祝福されるようなステキな人が見つかるといいのだが。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ