再炎上必至!?木下優樹菜、新たに発覚した「口止めDM」の波紋

アサジョ

2019/11/22 18:15


 姉が勤務していたタピオカ店のオーナーに“恫喝ダイレクトメッセージ”を送った騒動で11月18日に無期限の芸能活動自粛を発表した木下優樹菜

そんな木下が件のDMとは別に、タピオカ店オーナーに対しDMを送っていたことが、19日放送の報道番組「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)によって明らかになっている。

番組では独自情報として、木下が10月9日にタピオカ店オーナーに“口止め”とも取れる要求をするDMを送っていたという情報を入手。その全文を紹介している。

まず、木下は恫喝DMについて謝罪。そして、事の発端となった姉とお店間でのトラブルについては「姉にも言い分があるようですが、一方で姉も経営のことに関しては知識がなく、(相手)様に任せきりになっていた部分があると思います。その意味では、姉も含め、円満に本件を解決したいと思っております」と綴っている。

続けて、「親同士ですので、今回のことがずっと尾を引くようなことは、子供のためにもよくないと思います」として、「『お互いに、誹謗中傷をしない』、『お互いに、第三者に話をしない』ということで解決させていただけないでしょうか」と、解決に向けた提案をしているもの。

同日には、自身のインスタグラムでファンや関係者に向けた謝罪メッセージを投稿していたようだが、その一方で、芸能人としてのイメージ悪化を最小限に食い止めようとする意図が感じられるDMが存在していたことに、ネット上では「子供のためにと言うより保身のためにではないでしょうか」「この人、本当に反省してるの?」「結局は口調が変わっただけで一方的に突き付けてるだけ」と、さらなる炎上を招いてしまっている。

「騒動の沈静化を図りたいという気持ちの焦りが出ているのかもしれませんが、子供を持ち出して、事を収めようと働きかけるのは、いかにも心証が悪く、活動自粛後の復帰に向けて不可欠な、世間の許しを得ることへの大きな障害となってしまったかもしれません」(芸能ライター)

活動自粛発表以降も木下のインスタグラムのコメント欄には次々と誹謗中傷コメントが書き込まれ、荒れに荒れているのが現状だ。果たして今後、どのような展開を見せるのだろうか。

(権田力也)

当記事はアサジョの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ