岡村隆史、吉本との契約は「保留中」 石原さとみ「私は給料制なので…」

俳優・堤真一とお笑い芸人・岡村隆史ナインティナイン)がW主演を務める映画『決算!忠臣蔵』(同日より公開)の初日舞台挨拶が22日、都内劇場にて開催された。忠臣蔵討ち入りの誰にも言えないお金の話を描く同作に絡めて、今年中に決算したいことを聞かれた岡村は「契約問題ですね」と生々しく語り出した。

舞台挨拶に登場すると「ムービースター岡村隆史です」と名乗り、「1月の寒い中撮影がありまして、無事撮り直すこともなく公開を迎えたことに本当に嬉しく思っています」と岡村隆史が挨拶すると、会場に笑いが漏れた。司会の笠井信輔フリーアナウンサーが「攻めますね」と声をかけると、「タイムリーかなと思いまして」と返した岡村。前日に違法薬物所持容疑で逮捕された沢尻エリカ容疑者のNHK大河ドラマ代役を、川口春奈が務めることが発表されたばかりだ。

さらに岡村は攻め続け、「今年中に決算したいこと」を聞かれると「契約問題ですね」と切り出した。「ずるずる引き延ばしになっておりました。エージェント契約なのか、はたまた専属契約なのか、それとも今まで通りなのか。先日チーフマネージャーからペンを渡されて書けと言われたんですが、保留にいたしました」とぶっちゃけると、共演者たちもどよめいた。岡村は芸人の闇営業問題から芸人との契約問題までもが今年大きな話題になった吉本興業に所属している。

「今年中にするんですか?」と横山裕(関ジャニ∞)から質問されると、岡村は「いやー、ちょっと(来年に)ずれ込むかなと。まだ周りの方がどれぐらいなのかが分かっていないもんですから。どれぐらい加藤浩次が得したのか損したのか、エージェント契約がまず1人出てますんで」と赤裸々に語り、横山が「リアルな話ですね!」と驚くと岡村は平然と「書いてくださいよ」と取材している記者たちにハッパをかけた。「副社長もすぐそこにいましたからね。『初日おめでとうございます』って言われて、手ぶらで来てはりました」と続けた。

すると女優・石原さとみまでもが、「岡村さんの話を聞くと、私は給料制なのでそこの部分ちょっとマネージャーさんにお願いしたい」と言い出したのだ。共演者たちも「うわ、すごい」「リアルな話!」「マジやね」とざわめき、岡村が「歩合制ということですか?」と聞くと石原は「それはお願いしないです」と微笑んだ。岡村は「歩合にすると送り迎えの車が出ないとか、そういうこともあるんで、僕すごい調べてるんですよ」と豆知識を披露すると、石原も「そういうのもあるんですかね。へええ、そうなんですか」と感心した。

またお金のリアルな話に終始驚いていた横山裕は「決算したいこと」として「グループもそうですけど、心機一転頑張っていますので、この辺でよろしいですか」と今年9月末をもって錦戸亮がジャニーズ事務所を脱退し、5人で再スタートを切った関ジャニ∞に言及した。

誰もが知る忠臣蔵の、誰にも言えないお金の話を描く同作。宿敵・吉良上野介邸への討ち入りにかかる費用を捻出するため筆頭家老・大石内蔵助(堤真一)は、幼馴染の勘定方・矢頭長助(岡村隆史)の力を借り、ひたすら残務整理に励む。一大プロジェクト「仇討ち」を無事に「決算」することができるのか。江戸時代から赤穂藩では塩づくりが栄えていたことから、出演者たちは赤穂の塩を使用した鯛の塩釜を「せーの!」の掛け声で小槌で叩き割り、大ヒットを祈願した。

舞台挨拶には他に堤真一、濱田岳橋本良亮(A.B.C-Z)寺脇康文、中村義洋監督も出席した。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

当記事はテックインサイトの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ