完璧すぎる王子様現る!?俳優・立石俊樹と同棲してみたら…超・密着インタビュー<前編>

 

 

イケメン俳優をお迎えしての大好評インタビュー企画『夢彼と同棲してみたら…』。

第7回のゲストは、ダンス&ボーカルグループ『IVVY』の一員であり、かつ俳優としてもご活躍中の立石俊樹さんをお招きしました!

 

<後編>記事はこちらから

 

 

美しさが眩しい「立石俊樹と同棲してみたら」…

 

立石俊樹さん(以下、立石さん):よろしくお願いします。こんな素敵な企画に呼んでいただいて、光栄です。

めるも編集部(以下、めるも):(想像を超えるエレガントな王子ぶり……!)とんでもございません!こちらこそ、ありがとうございます!

この連載は「好きな人と同棲したら……」という切り口で毎回撮影をしているのですが、立石さんとは『おうちクリスマス』というテーマで一緒にすごしていただこうかと。

 

立石さん:はい!

 

めるも:肌が抜けるように白く、(美しすぎて)正視できません……。

 

立石さん:そうですか(笑)?
自分ではあまり意識したことがないんですけど、ときどき褒めていただくので、いちおう気をつけています。

といっても、たまに豆乳を飲むくらいですけど。

 

めるも:(と、豆乳!?)秋田ご出身の方って、肌がきれいな方が多いですよね。都会とは水が違う、水がきれいだから美肌になると耳にしたことがあるのですが。

 

立石さん:んー、どうだろう?もしかしたら、そうなのかも。僕は上京して、シャワーの水圧が強くなったことに感動しましたけど。

 

めるも:秋田は水圧が低い……?

 

立石さん:いえ、それは単に実家のシャワーの問題ですね(笑)。

 

めるも:(お、おもしろい…!)立石さんは、端正な顔立ちで“王子様”然としてらっしゃるので、我々が容易に近づいてはいけない……そんなイメージを勝手に抱いていたのですが、予想を超えて朗らかで気さくでらっしゃる。

 

立石さん:あれ、今、言葉を選んでいい感じに言ってくれました?
そうなんです、僕、結構しゃべるほうなんですよ。

 

めるも:なるほど、男女問わず、みんな立石さんを好きになっちゃう理由が垣間見れた気がします(笑)。
長身で端正、歌もお上手で、おしゃべりも楽しいなんて、持ってるカードが強すぎです。

 

 

 

めるも:さて、ズバリお聞きしますが、そんな立石さんは、どんな女性に惹かれますか?

 

立石さん:実は全然こだわりとかがないんですけど……、自分の意見をちゃんと言える方は好きですね。
たとえわがままを言われたとしても、僕はがんばって応えますよ(仏のような笑み)。

めるも:……(合掌)。

 

 

映画『遮那王お江戸のキャンディー3に出演して

 

 

めるも:話題作でもある映画『遮那王』お江戸のキャンディー3(広田レオナ監督)がついに公開されましたが、こちらの作品に参加されていかがでしたか?

 

立石さん:映像作品に出演するのはこれで2本目ですが、とても刺激的な現場でした。
源氏や平家にまつわる物語をベースにしながらも、男性しか存在しない世界の中で、“お静(=静御前)”という役をどう表現しようかと。

 

めるも:公開前の特報映像を拝見しましたが、お静は『美しき策略家』と紹介されていて、それだけドキドキします。

 

立石さん:衣装合わせのときにまず驚いたのが、何十着と衣装が並ぶなかでサッと衣装が決まったこと。
広田監督が中心となって『これに、これを合わせて』って。それで実際に着てみると、僕的にもすごくしっくりきたんです。
髪も監督が『金髪のほうが似合うかもね』と言ってくださって。監督が思い描くイメージを、その場でどんどんスタイリストさんやヘアメイクさんが作り上げていくのは、本当に圧倒されました。

僕も『ああ、お静はこうなるんだ』って思いながら、役に入っていった感じです。

 

めるも:すごい。共演者も豪華な顔ぶれですよね。

 

立石さん:正直プレッシャーはありましたけど、うれしかったです。お芝居をじめてまだ2年くらいなのに「本当にここにいていいの?」って。

 

めるも:そのぶん、現場で吸収したことも多かったのではないでしょうか。

 

立石さん:それは本当にその通りです。撮影が冬の寒い時期で、それもラストシーンは山奥の洞窟の中。マイナス7度とか。

 

 

めるも:厳しい環境!

 

立石さん:深夜から撮影がスタートしたんですが、まわりの役者さんの切り替えの早さと、演技への集中力がすごくて。

 

 

めるも:舞台やライブとはまた違った雰囲気でしたか?

 

立石さん:はい。僕は稽古をしながら徐々に(芝居の見せ場に向けて)テンションを上げる世界に慣れていたので、カメリハの段階で本番同様の熱い演技をされることに、また圧倒。
源頼朝役の廣瀬智紀さんはとくに、普段は朗らかで気さくな雰囲気なんですけど切り替わると、もうすごい。……って、それを言い出したらみんなそうか(笑)。
でも、そういった経験と実力のある方々と共演させてもらって、たくさんの刺激を得られた撮影でした。

 

 

 

歌広場淳さんに見初められてtwitterでトレンド入り

 

 

めるも:映画『遮那王』も公開前から話題ですが、10月には『めざましテレビ』(歌広場淳のイケメン手帳)への出演でTwitterのトレンド入りを果たされて。

 

立石さん:あれは、めっちゃビックリしました!
歌広場さんが直々に注目してくださって。周囲からの反響も大きかったです。

 

めるも:消防士時代のお写真も出て。

 

立石さん:消防士時代の写真をみんなどう思うかな?と心配だったんですけど、意外とみんな「坊主もいい」と言ってくださって。

 

めるも:笹塚に東京消防庁の訓練学校と寮がありますよね。

 

立石さん:よくご存じですね!あのあたりの床屋さんには“消防士マーク”がついているところがあって、行くと、いわゆる消防士カットにしてくれるんですよ。懐かしいなー。

 

めるも:え、そんなマークが!?初耳です。
立石さんは話題の引き出しが本当に豊富ですね。

 

 

残念ですが、前編はここまで。後編ではMANKAI STAGE『A3!』(エーステ)のお話や、歌に関するエピソードもうかがいます。
どうぞお楽しみに!

※本インタビューは11月上旬に実施されたものです。あらかじめご了承くださいませ。

ライター:小塚祐子/カメラ:青木章(fort)/へアメイク:中元美佳(EKAmake)/編集・企画立案:那須恵里香/衣裳協力:P.E.O.T.W

 

直筆サイン入りチェキをプレゼント!

 

立石俊樹さんの直筆サイン入りチェキを抽選で2名様に。

「めるも」公式Twitterをフォローのうえ、指定TweetをRT、感想をリプライして、ご応募ください。

詳細は下記をご確認ください!

 

 

 

 

<作品詳細>

『遮那王』お江戸のキャンディー3
Twitter:https://twitter.com/oedonobonbon

 

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ