小関裕太&戸塚純貴ら『“隠れビッチ”』の餌食になるイケメンたちを一挙公開

クランクイン!

2019/11/21 19:20

 女優でモデルの佐久間由衣が主演を務める映画『“隠れビッチ”やってました。』より、イケメンたちが佐久間演じる“隠れビッチ”な主人公・荒井ひろみの餌食になる様子を写し出した場面写真が公開された。

本作は、あらいぴろよの同名コミックエッセイを原作に、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『旅猫リポート』の三木康一郎監督が実写化。タイトルになっている“隠れビッチ”とは、清楚派に擬態した“ビッチ”の事で、戦略的に「隙」と「タイミング」を演出しながら、男性を次々とハントしていく女性を指す。そんな“隠れビッチ”のモテ戦術を面白おかしく披露しつつも、その裏に潜む現代女性の心の隙間や歪みに寄り添う作品となっている。本作が映画初主演となる佐久間のほか、村上虹郎、大後寿々花、小関裕太、森山未來などが出演する。

解禁されたのは、チヤホヤされたいだけの“隠れビッチ”な最狂ヒロイン・ひろみ(佐久間)の餌食となる、さまざまなタイプの男たちが写し出された場面写真。ひろみがわざと落としたモノを拾う際に手が重なり、上目使いで見つめられ完全にノックアウトされる自然体系・安藤(小関)をはじめ、適度に露出したワンピースを着たひろみのボディタッチにより撃沈される草食系・船木(戸塚純貴)の姿。

さらに、一途なバツイチ系・川田(前野朋哉)、IT企業勤務の肉食系・永田(片桐仁)、包容力のあるエリート系・小橋(前川㤗之)、グイグイこられて嬉しそうなノーマル系・坂口(栁俊太郎)の姿も収められており、このあと彼らが“隠れビッチ”にどのように料理されるのか、気になるカットとなっている。

映画『“隠れビッチ”やってました。』は12月6日より全国公開。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ