男性たちの本音と心理…女性のファッション「これが好き」3選

カナウ

2019/11/20 07:30


男性たちの本音と心理…女性のファッション「これが好き」3選

今のファッションについて



ファッションって、右に倣え状態ですよね。

トレンドがあって、それを有名人やらインフルエンサーやらが実践して、

いつの間にかみんな同じような髪形、服装、メイクになっちゃってます。

後はタピオカドリンクを手にしていれば、はい流行の仲間入り。

そこに個性はあまり重要でなく「今のトレンドに敏感であることが大事」という感覚が重要視されているところです。

もちろんそれは悪いことではありません。

流行をあまりに無視すると、変に悪目立ちしてしまいますし。

トレンドを追う=男性の視線を集める!?



それに、トレンドを追うって、男性の視線を集めるにもメリットがあるわけです。

記号化されたファッションというものは、それ単体に訴求力が広く付加されますので、

あまりファッションに明るくない男性が目にしても「あ、○○だ!」と一発で認知できることになります。

すると男性としては、この知識を起点として話しかける内容にバリエーションを増やすことができます。

「今それ流行ってるけど、君はまた特別に似合うね」みたいなことをサラッと言えるようになるわけですね。

トレンドを追うというのは、男性とのコミュニケーションを円滑にする作用があると考えても問題ないでしょう。

で、ここからが本題です。

トレンドに沿ったファッションで男性を惹きつけるには、

男性側の目につきやすいエッセンスを熟知しておくと、効果は倍増します。

そこで今回は、男性が心理的、本能的に「いいなぁ~」と思われる要素を挙げてみようと思います。

1:時期に即したファッションはアンテナ張ってない男性にも有効



女性のトレンドファッションってそもそも、男性にとってはあんまり興味が向かないものです。

男性には男性のトレンドがあり、それを追いかけるだけで手いっぱいな男性は多いんですよね。

で、そういった男性にアイコン的に「お、トレンドだな」と思わせるファッションって、

やっぱり季節ごとのベターな服装をすることです。

夏は薄着、冬は厚着。その程度の大雑把なくくりでファッションを選びつつ、

そこにその時々の流行のエッセンスを取り入れるわけですね。

これなら男性も「いいじゃん、おしゃれだし季節ごとに気を遣ってそう」と思ってくれます。

あんまり男性全般に認知されない凝ったこだわりをしても、かえって通じないことは多いものですし……。

2:淡色メイク、淡色コーデは男性全般が警戒心を得ずに受け入れがち



メイクにも個性って出ますよね。

流行のメイクパターンがあっても、そこに左右されずに自分好みのアイラインを引くとか、ノーズシャドウをはっきり入れるとか。

これもその女性の魅力をしっかり引き立てるのですが、

一方で男性の中には、少なくない割合で「しっかりした顔立ちよりふんわり系のメイクのほうがいい」と考える層がいます。

もしも仮に、あなたがそういう男性を落とそうとするのなら、メイクは淡めを心がけるのがいいでしょう。

それだけで視線を受ける頻度は上がるはずです。

そのうえでトレンドの服装、ヘアスタイルで攻めるといいと思います。

で、いくら女性が流行の服装をしていても、原色ケバケバのカラーだと男性としてはちょっと威嚇されてるようで近づきにくいと感じるものです。

ですので服装も淡く。これを心がけるのも大事かもしれません……が、ファッションって個性の発露なので、曲げられない部分はしっかりと保持しておくことも大事かも。

自分の中の確固たるファッションへのこだわりって、結局魅力の原点ですからね。

3:極端な話、露出が肝になる



それから、男性は本能的に女性の肌の露出に目が行きます。

だから谷間が見えるとか、太ももが目立つなど、露出度にも意識を向けることで、

相手の目線をある程度コントロールすることが可能になります。

もちろんそんなことはみんな分かってるって話なのですが、

トレンドを取り入れたファッションの中に露出度の高さを組み込めば鬼に金棒です。

ただ、この方法だと周囲の多くの男性。

つまり自分にとっては他人でしかない男性たちの目をも引いてしまうので、使い分けは大切ですね。

意中の男性とのデートや合コン限定で実践するなどの工夫が必須です。

おわりに



ファッションにトレンドを取り入れることは、今の時代ではほとんど必須になっちゃってます。

だってそれを無視すると集団の中で目立ち過ぎて変な視線を浴びることになりますし。

トレンドに敏感であれば、そういう目に遭うこともありません。

めんどうな点もありますが、やっぱりトレンドの中にあって個性を発揮するという方法こそが、

ファッションの無難さというか醍醐味ですよね。

そのトレンドの中に織り交ぜる、男性ウケというものをいかに活かせるかが、

いわゆるモテるかどうかの分岐点なのかもしれません。

まあ、男性の立場で率直に言わせてもらうと、声をかける際にはやっぱり突飛なファッションの人を避けちゃいます。

そういう個性的過ぎる人を避け、トレンドとして認知されているファッションをしている女性に目を留め、

それから自分好みのエッセンスがあるかどうか選別するわけです。

(松本ミゾレ/ライター)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ