日本映画史上初、米軍&ダニエル・カールが撮影に協力 福島第一原発事故を描く映画『Fukushima 50』場面写真を公開

SPICE

2019/11/19 07:00


映画『Fukushima 50』が2020年3月6日(金)に公開されることが決定。あわせて、在日米軍と自衛隊が協力したシーンの場面写真が解禁された。

『Fukushima 50』は、作家・門田隆将氏による伝記『死の淵を見た男 吉田昌郎と福島第一原発』(角川文庫刊)を原作とした映画。原作では、90人以上とも言われる関係者への取材をもとに、2011年3月11日に発生した東日本大震災発生時の福島第一原発事故と、現場である福島第一原子力発電所に残った地元福島出身の作業員たちの姿を描いている。主演の佐藤浩市が福島出身で原子炉から最も近い中央制御室(通称・中操)を指揮する1・2号機当直長・伊崎利夫を演じ、福島第一原発所長・吉田昌郎役で渡辺謙が共演。吉岡秀隆、緒形直人、火野正平、平田満、萩原聖人、吉岡里帆斎藤工、富田靖子、佐野史郎、安田成美らが出演している。メガホンをとったのは、『沈まぬ太陽』の若松節朗監督。


公開されたのは、5点の場面写真。本作では、2011年当時に実施された被災地を支援する米軍の“トモダチ作戦”(Operation Tomodachi)” が描かれている。2019年1月28日には、在日米軍横田基地で日本映画としては初めてとなる在日米軍の協力のもとで撮影が行われた。本作では、施設内にある実際の作戦会議室が貸し出されたほか、米軍所有のヘリ・UH-1を飛ばし、東北支援に向けて発進するシーンも撮影。撮影のためには米国防総省(ペンタゴン)への申請および許可が必要となるが、日本映画では実績も交渉ルートもないため、許可を得るのは難しい。今回は、多くの米兵が関わった“トモダチ作戦”をリアルに再現することに理解を示した米国大使館関係者の協力で、米側安全保障チームとの粘り強い交渉の結果、撮影の許可が下りたという。
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

また、在日米軍横田基地第374空輸航空団(374th Airlift Wing)の将校ジョニーをダニエル・カールが演じていることも明らかに。カールは福島にゆかりのあるキャラクターとして出演し、劇中ではシリアスな演技を見せているという。そのほか、本作には基地内で募集された本物の米兵がエキストラとして多数出演しているとのこと。
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会
(C)2020『Fukushima 50』製作委員会

事故発生当時には、当時総理大臣が自衛隊の要人輸送ヘリで福島第一原発(イチエフ)を緊急訪問した。そのシーンを再現するため、皇室や総理大臣など国内外要人の移動に使用される輸送ヘリES-225LP “スーパーピューマ”が登場。総理役の佐野史郎が搭乗するシーンが公開されている。空から建屋の放水を行ったCH-47JAヘリコプターの撮影も敢行。放水シーンでは、当時の作戦に従事した隊員が協力し、機体内部の被ばくを防ぐアクリル板や装備等も忠実に再現されているという。

ダニエル・カール(在日アメリカ軍横田基地将校役)


『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)の製作に携わったすべての人に成り代わり、この場を借りて在日米軍の皆様に感謝の意を伝えたいと思います。いくつかのシーンを撮影するに当たり横田基地を実際に使用させていただき、また現役の空軍兵の方々にエキストラとして参加していただくなど、快くご協力いただいたことに感謝しております。今回の映画は、実際日本の米軍基地内での撮影が許された最初の映画であると思いますし、その映画に関わらせていただけたことを光栄に思います。個人的にも基地での撮影はとても楽しいものでした。みなさん、とても気さくに私の質問にも応じてくれて、貴重な経験をさせていただきました。そして、どうやったら軍人らしい立ち居振る舞いになるかなどを教えていただいたアドバイザーの方には特にお礼を申し上げます。おかげで場面のリアリティが増したのではないかと感じています。

東北に強い絆を持つアメリカ人の一人として、あの「トモダチ作戦」の発令を行った司令官役を演じさせていただけたこと を本当に誇りに思います。私自身震災後何度も東北に足を運び、地域の人々と話してきました。米軍のみなさんの適切な支援、援助には誰もが本当に感謝し、これからもずっと語り継いでいくものと思います。本当に有り難うございました。

アメリカ空軍 公式コメント


アメリカ合衆国国防省とアメリカ空軍は、横田基地において、映画『Fukushima 50』(フクシマフィフティ)の重要なシーンの撮影に協力させていただきました。1日の撮影で、米国政府に費用負担をかけることなく、品位、自己奉仕、優秀さ、という空軍が掲げる本質的価値を損なうことなく、空軍隊員をしっかりと描写していただきました。我々空軍隊員は難しい状況下であっても対応できるように訓練されており、それは現地における救助活動を共同で行った行為に大いに反映されており、そして今日空軍が全世界で行っていることの証ともなっております。

『Fukushima 50』は2020年3月6日(金)全国ロードショー。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ