映画『キャッツ』日本語吹き替えキャスト発表~葵わかな、山崎育三郎、大竹しのぶ、ロバート秋山ら豪華キャスト集結!

SPICE

2019/11/18 16:00



全世界累計観客動員数8100万人、日本公演通算1万回を記録するなど、1981年のロンドン初演以来、今なお世界中で愛され続けるミュージカルの金字塔『キャッツ』。イギリスを代表する詩人T・S・エリオットの詩集をもとに、名匠アンドリュー・ロイド=ウェバーがミュージカルに仕上げた“奇跡の作品”が、ついに実写映画化。日本では、2020年1月24日(金)より公開される。

『レ・ミゼラブル』のトム・フーパーが監督。製作総指揮にはスティーヴン・スピルバーグ、アンドリュー・ロイド=ウェバーらが名を連ねるなど、世界最高峰の制作陣が集結した本作。主人公のヴィクトリア役には、英国ロイヤルバレエ団でプリンシパルを務め、本作が映画初出演となるフランチェスカ・ヘイワードが抜擢され、そのほか、ジェニファー・ハドソン、ジェームズ・コーデン、ジュディ・デンチ、イドリス・エルバ、イアン・マッケラン、そしてテイラー・スウィフトらが出演している。

公開に先駆けた2019年11月18日(月)、東京都内で日本語吹き替え版制作/キャストの制作発表会が開催された。発表されたキャストをコメントとともに紹介していこう。

■ヴィクトリア役 葵わかな


葵わかな
葵わかな

ヴィクトリアという役は映画で出てきた役柄で、美しく若い白猫という役なのですが、このヴィクトリアを通して、見ているお客様を『キャッツ』の世界に誘えるような、みなさまがフィルターとして見られるようなキャラクターになるようにこれから精一杯頑張っていきたいなと思います。 『キャッツ』という作品に出演することが決まった時は、吹き替えが自分自身初めての挑戦なので、すごく緊張した気持ちもあったんですけど、本当に素敵な楽曲と、映画版オリジナルで作られた曲があるので、この曲を自分の声で歌えるのかと思うと、本当に嬉しく思いました。私自身、とても猫が大好きなので、そういう意味でもこの作品に関われて幸せです。

■マンカストラップ役 山崎育三郎


山崎育三郎
山崎育三郎

マンカストラップは、ヴィクトリアを不思議な世界に誘う役柄で、猫のリーダーです。僕自身、トム・フーパー監督の『レ・ミゼラブル』の大ファンで、トム・フーパー監督がつくった、この『キャッツ』という作品に携われることを心から嬉しく思っています。精一杯頑張りたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

■グリザベラ役 高橋あず美


高橋あず美
高橋あず美

グリザベラはかつてはものすごく美しい、娼婦猫だったのですが、今は孤独に打ちのめされ、それでも受け入れられたかったり、承認されたかったりという思いのある猫です。私自身大好きなミュージカルで、小さい頃にも観たりました。今でも観直して、ミュージカルを観に行ったんですけど、やっぱりいつ観ても感動するミュージカルだなと思いました。「メモリー」というものすごく大切な曲を歌わせていただけるのは本当に光栄に思います。魂のこもった歌をみんなにお届けできたらいいなと思います。

■バストファージョーンズ役 ロバート秋山


こんな体型の、ふくよかなバストファージョーンズという役をやらせていただきます。格好も気合が入って、だいぶ寄せてきましたので、調子乗っているという風に見ないでいただきたいですね。帽子とかスティックを役がつけていたので、(今日の発表会は衣装を)合わせてきました。いつものファッションではなく、たまたま役に合わせてきただけです。よろしくお願いします。

■ミストフェリーズ役 森崎ウィン


秋山さんはこの調子を乗っていると言っていましたが、(私の着ている)この衣装はどうなってしまうのか…。僕もミストフェリーズに合わせて、ミストフェリーズはマジックが得意で気弱な猫なんですけれども、この衣装できました。とにかくこの場にいることが幸せな気持ちでいっぱいです。僕は声だけですが、普段マジックもできませんが、声や作品を通してみなさまを魔法の世界に誘いたいと思います。よろしくお願いします。

■スキンブルシャンクス役 大貫勇輔


スキンブルシャンクスは働き者の鉄道猫という役なのですが、僕も吹き替えは初めてで、少し緊張はあるのですが、楽しんで演じたいなと思っております。そして、僕はもともとダンサーだったのですが、こういうミュージカルや俳優の世界に足を踏み入れるきっかけとなったのが、実は育三郎さんと共演した舞台でした。声のお仕事ですけれども、共演できることが本当に嬉しく思っているので、よろしくお願いします。

■オールドデュトロミー役 大竹しのぶ


オールドデュトロミーという長老を演じます。予告編を見ながらこんな素敵な作品に携われる喜びと同時に、これ吹き替えで見たいかな…なんて思ったりして(笑)。本当に素晴らしすぎて、ここの世界に私は入っていけるのだろうかと、すごく不安になってしまって。しかも大好きな、尊敬するジュディ・デンチがやった役で、蜷川さん(※蜷川幸雄)に将来はジュディ・デンチになれってずっと言われて続けて、そのジュディがやった役を私は声だけとはいえ演じられるという喜びをすごく感じています。明日から吹き込みなんですけど、戦いながらも頑張って、少しでもジュディに近づけるように貫禄ある、愛があるオールドデュトロミーの声をやらせていただきます。どうぞ吹き替え版をよろしくお願いします。

■日本語吹き替え版音楽プロデューサー 蔦谷好位置


蔦谷好位置
蔦谷好位置

吹き替えでやるのは本当にハードルが高くて、鋭意毎日制作中です。昨日も葵さんが素晴らしい歌を歌ってくれました。しかも動きがある映画なので、葵さんはジャンプをしながら歌ってくれたりして、そういういろんな工夫を毎日みんなで、演出家やスタッフのみなさんと相談しながら、一生懸命作っております。 本国のオリジナル版に負けないような、日本語の素晴らしい『キャッツ』をつくれるように、今、制作しておりますので、ぜひ期待してください。

制作発表会では、蔦谷好位置のピアノ演奏のもと、グリザベラ役の高橋あず美が名曲『メモリー』を熱唱した。その一部を次の動画でご確認いただきたい。今回、日本語歌詞は全編新訳、原曲の音符を尊重した、センスある仕上がりとなっている。

続いて質疑応答が行われた。

−−本国監修のもと、新訳の歌詞で全編吹き替えですが、制作段階の感触をお願いします。

蔦谷:一番難しいのは、翻訳をするという作業です。翻訳家、作詞家、演出家がいて、みんなで相談するんですけど、音楽なので、ただの詞ではいけない。音の響きをすごく大事にしたいし、T・S・エリオットの原作を見ると、文章を見るだけで韻の踏み方とかものすごく美しいんですね。そこをトライしながらも、内容やこの作品の哲学をすべてを盛り込もうとするとですね、クリアしなければならないポイントがたくさんありまして、非常に難しい。 
キャストの皆さんと相談しながら、一生懸命制作しているという感じですね。ただ、感触としては、収録できた歌はめちゃくちゃ素晴らしいです。泣けます。そこは自信持って言えるので、このまま年末に向けて作業できればなと思います。

−−ミュージカル版との大きな違いはヴィクトリアが鍵になっている点です。映画の中ではテイラー・スウィフトとアンドリュー・ロイド=ウェバー氏が共同した新曲も披露されます。

:ちょうど昨日収録をしまして、「Beautiful Ghosts」という曲です。「メモリー」のような湧き上がる情熱という歌ではないのですが、聞いたら綺麗なメロディーが印象に残る。ヴィクトリアがどういう風に今まで生きてきたかは詳しくは描かれないけれど、ヴィクトリアがどういう猫なのか、キャッツの中でどういう風に成長していきたいのかという心情が一番よく描かれている曲だなと感じて。頑張って歌ったんですが、どういう風にみなさんに受け取ってもらえるか分からないですが...本当に楽曲は素晴らしかったです。

−−葵さんは猫が好きだそうですね。これで声で猫を演じるのはどういう気持ちですか?

:猫によっては威嚇のシーンがあるんですけど、ヴィクトリアは威嚇のシーンがなかったので、猫の声を機会を出す機会はなく、人の声で喋っているのですが...見た目が猫なので、猫に関する歌もたくさんあるので、それは猫に一歩近づける感じがして嬉しいです(笑)。

映画『キャッツ』日本語吹き替え版制作発表会の様子
映画『キャッツ』日本語吹き替え版制作発表会の様子

−−今回、キャッツの吹き替えに参加されるということで、どんなことが新たな挑戦だと感じられましたか?

山崎:やはりミュージカルでは1000人とか2000人とか大きい劇場で歌って表現することが多いのですが、今回、画面の中で、ドラマや映画でお芝居させていただくぐらい、繊細な表現で歌を歌うことが初めてだったので、それは新しい挑戦でした。今回、収録の仕方が斬新で、頭にバンドをつけて、おでこ部分にマイクを仕込んで、実際にブースで体を動かしながら声を出していくんですね。空間をすごく感じやすく表現できる。この収録の仕方は初めての経験だったんですけど、これが大画面を通じて、どう自分の表現が伝わるのか、すごく楽しみだなと思っています。

−−「メモリー」を歌われるということですが、決まった時のお気持ちを教えてください。ジェニファー・ハドソンには特別な思いがあると聞いています。

高橋:「メモリー」は幼少時代から聞き馴染みのある曲で、大切な曲を私が歌えるのが夢のようです。ミュージカルやミュージカル映画が本当に大好きなんですけど、決まった時は嬉しかったです。ジェニファー・ハドソンさんは、自分の歌をどんどん成長させてくれる存在だったんです。18歳の時に別のミュージカル映画で彼女の存在を知ったんですね。こんなにもソウルフルで魂を込めて歌える人がいるんだということに驚いて。この人のように歌えるようになりたいという思いで、何年も彼女の歌をコピーしたりもしました。大好きなアーティストです。だから、吹き替えとして「メモリー」を歌わせてもらえるのは、私にとっては本当に夢でした。すごくプレッシャーもあるんですけど、彼女と同じぐらいの気持ちで、皆さんにお届けできたらいいと思います。
『メモリー』を熱唱する高橋あず美
『メモリー』を熱唱する高橋あず美
−−本国ではジェームズ・コーデンが担当したバストファージョーンズ役ということですが、どのようなアプローチをしようとお考えでしょうか?
秋山:やっぱり猫をやるわけですから、ちょっと猫のライフスタイルに合わせるというか。基本的に魚を食べましたし、小魚を食べるとか、2ヶ月ぐらいライフスタイルを変えましたね。お偉いさんに足元に擦り寄っていったりとか。徹底しましたね。ゴロゴロゴロゴロ言わしてみたり。その辺から入りましたね。

−−そうすると猫の気持ちもだいぶわかるのでは?(笑)

秋山:だいぶね。今も猫の言葉で喋りたいですもの。言葉が煩わしくて、にゃーって言いたいけど、伝わらないから、やめているだけで。どうもありがとうございます。失礼します。

−−マジックが得意で気弱な猫を演じられますが、ボイステストの段階から楽しんでいたそうですね。

森崎:山崎さんも仰っていましたが、おでこにマイクをつけてやるのが初めてでしたし、ボイステストでは、まだCGが出来上がっていない段階のものを見てやるんですね。それでも十分楽しくて。何とか決まって、この場に座れています。ただ、本番がこれからなので、急に緊張感が…でも、言ったものが勝ちということで、期待してください。

森崎ウィン
森崎ウィン

−−役作りで準備されていることは?

森崎:とにかく『キャッツ』は大好き。ミュージカル版もロスアンジェルスで観ていたんですけど、曲を聞いています。いただいた資料を見て、とにかく練習をするということをやっています。ただ、猫の気持ちはまだ研究はできていないです(笑)。

秋山:やった方がいいよ、(猫に)寄せた方がいいよ。

森崎:あ、でも昨日寿司食べました!

秋山:あぁ寿司ね、でもね極力ね、小魚とか…ね。

ロバートの秋山竜次
ロバートの秋山竜次

−−大貫さんから見て、本編の歌いながら踊る演技というのはいかがでしたか?

大貫:猫のような、本当にしなやかな動きでした。しかもジャズ、バレエ、コンテンポラリー、タップなど、様々なジャンルを一流のダンサーたちが、歌い、踊り、演じ、どのシーンも見応えたっぷりなシーンだなと思いました。

−−大貫さん自身も踊りたくなるような感じでしたか?

大貫:そうですね、僕もオーディションの時に、僕の役がロイヤルバレエのプリンシパルの方(※スティーブン・マックレー)が演じているんですけど、なので動きが本当にしなやかに踊っているので、その同じ動きをしながら、声を出してみたり。そんな経験は全くなかったので、最初はなかなか分からなかったんですけど、やっているうちに楽しくなって。気がついたらオーディション中もすごく楽しんでやっていました。

大貫勇輔
大貫勇輔

−−ミュージカル版では男性が演じているオールドデュトロミー。映画ではジュディ・デンチが演じています。ジュディさんの魅力を教えてください。

大竹:そうですね、演技派という感じがします。舞台で活躍するにも関わらず、映画『007』に出たりとか、すごく格好良く年を重ねている方だなと思います。

−−今回の『キャッツ』でのお姿はいかがでしたか?

大竹:長老猫なので、全然動かない。ただじっとして、愛ある目でみんなを見ていて、決めるところは決めるという、貫禄のある姿に圧倒されました。ただ、私の方がまだ若いので、声のギャップなど、そこら辺をどうやるかがすごく難しいところ。これから私は本番なので、監督や演出家の方などと相談しながらやっていきたいなと思っています。

大竹しのぶ
大竹しのぶ

−−最後にひとこと、お願いします!

:この作品はミュージカル版もそうですが、小さなお子さんに楽しんでもらえるのがすごくいいところかなと思います。猫ちゃんたちの猫人生を描いている作品になっていますけど、歌とか踊りとか目で見て楽しめるものがたくさんあるので、ぜひお子さんを連れてみに来てくださったらなと思います。愛のあるキャラクターになるように精一杯頑張ります。

山崎:昨今ミュージカルブームと言われていますが、その中でも最も豪華でや華やかで最高のエンターテインメントになっております。2020年、一番盛り上がるミュージカル映画になること、間違いなし。ぜひよろしくお願いします。

高橋:本当に素晴らしい音楽と映像になることを、私自身もすごく楽しみにしています。同時に、何か心に伝わるよう、歌えたらいいなと思っています。ものすごく長く愛されているミュージカルなので、ご家族全員で素敵な時間を過ごしていただけたらと思います。よろしくお願いします。

秋山:いろんな人に…猫とかも見ていただけたいですね。本家のね。猫自体に見てもらいたいと思います。ありがとうございます。

森崎:まずこの場に座れていることに感謝の気持ちと喜びで胸の中が震えております。これから吹き込みをやるわけなのですが、全身全霊で魂を込めて、一人でも多くの方に吹き替え版も届くように精一杯努めてまいります。ぜひ楽しみに公開をお待ちいただけたらと思います。

大貫:歴史のある『キャッツ』という作品でスキンブルシャンクスという役を、精一杯、そして楽しんで演じて吹き込みをしたいと思います。たくさんの方に見ていただきたいと思います。精一杯頑張ります。

大竹:一言一言、一息一息、誠心誠意、演じていければと思います。明日から頑張りますので、楽しみにしていてください。よろしくお願いします。

蔦谷:スタッフとキャストの皆さんと、オリジナル作品に対して最大限のリスペクトを持ちながら、日本語でやる意味というものを日々追求しながら一生懸命制作しております。間違いなく素晴らしい作品になると思うので、ぜひみなさまよろしくお願いします。

【動画】映画『キャッツ』第一弾予告映像 2020年1月24日公開

取材・文・撮影=五月女菜穂

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ