スマホ用音楽ゲーム『DEEMO』の劇場版アニメプロジェクトが遂に始動‼︎

ポニーキャニオンは、ニューヨークのジェイコブ・ジャヴィッツ・コンベンション・センターで開催中の『ANIME-NYC 2019』に出展。現地時間11月15日(金)18時30分から行われたパネル『Rayark CEO Ming-Yang Yu(ミンヤン・ユウ)が”DEEMO”について語る』内で、世界中で人気のゲーム『DEEMO』の劇場版アニメを製作すること、また『進撃の巨人』でタッグを組んたプロダクションI.Gグループと制作する次回作であることを発表した。

全世界累積2300万ダウンロードを突破したスマートフォン用音楽ゲームアプリ『DEEMO』。楽器のピアノをコンセプトに据えた音楽リズムゲームで、旋律の美しいクラシック音楽から、ロックナンバー、ジャズ、エレクトロなど、幅広い音楽性を取り入れており、曲数はおよそ200曲にもおよぶ。さらに楽曲の良さのみならず、まるでピアノを弾いているかのようなプレイ感覚の斬新さと楽しさ、他のアプリゲームでは類を見ないスムーズさで、アジア圏を中心に、世界中で多くの音ゲーファンを虜にしている。

今回発表となった劇場版のアニメーション制作は、I.Gポートを代表する1社として成長を続けるシグナルMD(『ひるね姫 ~知らないワタシの物語~』、『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』)、そして、世界的ヒット作『進撃の巨人』や『攻殻機動隊』シリーズをはじめ、数々の素晴らしいアニメ作品を生み出した、日本を代表するアニメスタジオProduction I.Gが制作をサポートする。
総監督に『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX(脚本)』『BLOOD+(監督・シリーズ構成・演出・脚本)』の藤咲淳一、監督には新進気鋭の監督松下周平を起用。
主題歌およびイメージソングは『ソードアート・オンライン』シリーズや『魔法少女まどかマギカ』『Fate/Zero』『空の境界』の梶浦由記が担当する。

映画は、2020年完成予定とのこと。詳しくは公式サイトをチェック!

(C)2020 Rayark Inc. /DEEMO THE MOVIE Production Committee
◆劇場版アニメ『DEEMO』
<イントロダクション>
さよならも言わずに、消えてしまわないで。
城で独り、ピアノを奏でる謎の存在、Deemo。ある日、記憶を失った少女が、空から舞い降りた……。
城の不思議な住人達、ピアノの音色で成長する木、記憶を失った少女、そしてDeemo。彼らが紡ぐ、とても優しく、儚く切ない、愛の物語
世界中で愛されている音楽ゲーム『DEEMO』の劇場版アニメプロジェクトが遂に始動。

<スタッフ>
原作:Rayark Inc.『DEEMO』
総監督:藤咲淳一
脚本:藤咲淳一・藤沢文翁
副監督:平峯義大
監督:松下周平
キャラクターデザイン:めばち
イメージボード:吉田ヨシツギ
主題歌:梶浦由記
制作: SIGNAL.MD、Production I.G
製作:ポニーキャニオン

・公式サイト

◆パネル出演者紹介
・Ming-Yang Yu(Rayark代表取締役社長/エグゼクティブ・プロデューサー)
プロデューサーとして多くの作品を開発しただけでなく、制作ラインのクオリティコントロールからコンセプトデザインまで手掛けている。Rayarkのゲーム開発においてオリジナルのデザインを守りながら芸術的なビジュアルを融合させることに最もこだわり、世の中を変えていくコンテンツプロバイダーになることを目指してRayark
を成長させ続けている。

・石川 光久(Production I.G代表取締役社長)
1958年10月東京都生まれ、大学卒業後、竜の子プロダクションに入社。
後に自身の会社Production I.Gを設立しCEOおよび社長に就任した。石川は世界的に有名な『攻殻機動隊』(1995)、『Blood: The Last Vampire』(2000)、『キル・ビル Vol. 1』のアニメーションシーン、カンヌ映画祭でアニメ作品として初ノミネートされた『イノセンス』などで知られる。近年の作品としては『進撃の巨人』、『サイコパス』、『攻殻機動隊 新劇場版』などの大ヒット作が挙げられる。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ