巨人育成2位・加藤壮太 「目標とされるような育成・独立出身選手を目指す」

しらべぇ

2019/11/17 19:20




16日、読売ジャイアンツから育成2位で指名を受けた加藤壮太外野手(BCリーグ・埼玉武蔵ヒートベアーズ)の仮契約会見が行われた。

■背番号は「006」


背番号は「006」。「あまり意識せず(頑張りたい)」と述べる。自らのアピールポイントは足。50メートル走5秒8の疾速で、今シーズンはチームトップの29盗塁をマーク。小・中学校時代にはリレーの選手で1位を取り続けていたなど、小さい頃から足には自信があった。

だが「走攻守すべてレベルアップしないと行けないと思うので、自分が今足りないと思っているところをどんどん聞いていきたい」。片岡治大・内野守備走塁コーチ、松本哲也・外野守備走塁コーチからの指導にも熱が入る。


関連記事:高知ファイティングドッグスはなぜマニー・ラミレスらの招聘に成功したのか? 梶田社長に聞いた

■高卒から独立リーグへ


中京高校(現・中京学院大中京)卒業後、大学や社会人の道を選ばず、独立リーグに挑戦した。「プロ野球選手になりたいという気持ちが強かったので、1年1年勝負ができる独立リーグに来て自分もやろうと。ハングリー精神は誰よりも強いと思うので、そこは自負してやっていきたい」。

「糸井選手のようになりたい」としながらも、育成や独立リーグ出身で目標とする選手は「目標としているよりは、僕自身が頑張り、育成・独立出身で目標とされる選手になりたい」と述べた。

■角監督からも太鼓判


かつて、千葉ロッテマリーンズでプレーしていた角晃多・埼玉武蔵監督は「積極的なプレーが彼のなによりの魅力。高卒から入りながらも、シーズンを1年戦うモチベーションを高く維持してきた。自分の野球と向き合ったので3年目にしてこういう結果につながったのではないかなと思う」と太鼓判を押す。

同時に、「私自身、育成から入って支配下に入ったところまでしかいけなかったので、加藤には同じ境遇を感じるところもあるので1軍に行って活躍してほしい」とエールを送った。21歳の若き“稲妻”の新たな挑戦が始まる。


【加藤壮太(かとうそうた)】

ポジション:外野手、右投げ左打ち

1998年4月15日生まれ 愛知県出身 188センチ、91キロ 50メートル走:5.8秒/右投げ左打ち

・合わせて読みたい→加藤浩次、織田信成氏のモラハラ告白に 「周りが声をあげて」と訴え

(文/しらべぇ編集部・亀井 文輝

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ