吉澤ひとみ“酒断ち”できません…通勤にタクシー使って“反省”か

まいじつ

2019/11/17 11:02

吉澤ひとみ 
(C)まいじつ 

元『モーニング娘。』の吉澤ひとみが都心にあるストレッチ専門店で働いていると、11月12日発売の週刊誌『女性自身』が報じている。

吉澤は昨年9月6日に酒を飲んで車を運転し、横断歩道を歩いていた人をはね、ひき逃げしたとして逮捕。同年11月に懲役2年、執行猶予5年の判決を受けている。

同誌の記事によれば、吉澤は知り合いの紹介で今年からストレッチ店に勤務し、トレーナーとしてスタッフたちにストレッチ術を教えているという。しかし、同誌の取材に対して「お酒は、自宅や居酒屋で1杯とか、少したしなむ程度に飲んでいますが、以前のように毎日飲んだり、飲み歩いたりしているわけではないんです。気を付けているつもりですが、〝全く飲んでいません〟と、言ってしまうのも違うように思いますので……」などとコメントしたため、ネット上では「まだ酒飲んでるのかよ!」と批判の声が殺到。

《せめて執行猶予中くらい断酒できないものかねぇ》
《反省しているとはとても思えない》
《こいつアル中だろうね。酒でやらかしたんだからいいかげんにやめろよ》
《吉澤が酒をやめられるわけないよね。まぁ、正直に飲んでるって言ってるだけマシかもしれないな》
《そもそもストレッチなんて勉強してたのか? 本当に教えられるのか疑問だわ》

などと、厳しい声が多く集まってしまった。

酒は断てないからせめて車断ち?


「さらにネット民をザワつかせたのが、仕事にタクシーを使っていたことでした。吉澤は現在、都内の高級タワーマンションに住んでいますが、そこから仕事場のストレッチ専門店までは車で20分程度。往復5000円近くのタクシー代がかかるでしょう。勤務時間は11時から17時ということらしいですが、給金から交通費を引くと、一体、いくら残るのでしょうかね。『子供もいるので、少しでも働こうと考えまして……』とコメントしていますが、チグハグさは否めません。この調子では芸能界復帰は程遠いでしょうね」(同・記者)

批判的な声が大部分を占める中、一部のファンからは「タクシー利用は、事故を反省して二度と車を運転しないという理由かもしれない」と擁護する声もある。

吉澤は、現在もタワマン暮らしを続けていることから、決して金銭的に困窮しているわけではなさそう。ならばいっそボランティアに精を出した方が、被害者や世間に対する反省アピールになると思うのだが…。

いまだ酒断ちできない吉澤に対して、事故の被害者も複雑な思いを抱いているに違いない。

当記事はまいじつの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ