下半身ダイエットを成功させるために!秘訣を聞いてみました

美Lab.

2019/11/17 00:00

細身の3人の女性の下半身
下半身痩せしたい方必見!今回は食育指導士やヨガインストラクターとしても活躍する内藤絢先生に、下半身ダイエットのあれこれについてお聞きしてみました。短期間で効果の出やすい方法から成功の秘訣まで、たっぷりとご紹介します。

◆下半身が太る原因
太い下半身
◆O脚である
O脚は、お尻と内腿の筋肉の弱さが原因です。この状態で脚の外側の筋肉に重さが掛かり、脚全体が横に広がる事でO脚になります。また下腹部全体が緩む為に下半身や腰回りが太りやすくなります。
◆下半身の筋肉不足とむくみ
全身の筋肉の割合は上半身が3だとすると、腰~下半身は7。この理由で下半身の筋肉量と活動量が少ないと代謝が下がり、むくみやすくなります。更に加齢に伴い体内の余分な水分は体の下へと下がりやすくなり、筋肉が少ない程にその水分を排出する力も低下します。
◆立ちっぱなし、座りっぱなし
同じ体勢は下半身の筋肉が固くなることで、冷えとむくみを誘発します。
◆短期間で効果を期待できる下半身ダイエット
仰向けになり足を壁に沿って上げている女性
◆毎日、湯船に浸かる
下半身むくみの原因は、下半身だけでなく内臓の冷えもあります。1日の中で特に体がこわばり、全身の緊張がある夜に湯船に浸かりましょう。温度は37度~40度。少しぬるい位で15分は浸かるようにしてください。

湯船に浸かる事で冷えた内臓と腰から下の筋肉を温め、血流が良くなりむくみ解消に繋がります。ぬるめ、そして少し長めが最も筋緊張がほぐれやすくなります。

熱い温度はすぐに汗が出る分、出た後に体が冷えやすいので逆効果です。代謝や食生活、普段の環境により異なりますが、早い方は1日で効果が表れます。毎日の持続がポイントです。
◆仰向けで壁に脚をぺったり付けて持ち上げる
<やり方>
STEP1:壁の横で仰向けになり、壁に向かって脚をぺったり付ける
STEP2:上に持ち上げる両脚を揃え、5分キープする

横から見ると股関節を境に全身でアルファベットのLの文字の形になります。これを朝や就寝前、むくんだ時などに5分間行うと脚に溜まった血液が上半身に戻り、下半身が軽くなる上に見た目もスッキリします。

壁に脚を付けているので実質、仰向けになるだけの簡単な方法です。これも人により効果の早さは異なりますが、むくみやすい方は毎日続ける事が解消への近道です。
◆下半身ダイエットを成功させる秘訣
水を飲む女性
◆水分補給の水は常温を選ぶ
常温水が最も体内吸収が早く、内臓の動きを活発にする上に全身の血流も良くしてくれます。冷えやむくみの解消には欠かせないポイントです。
◆少しでも歩く歩数を増やす
下半身の筋肉を使う事でむくみ解消のほか、代謝を上げるので冷えやむくみが出来にくい体作りに繋がります。普段使うエレベーターを階段に変えるだけでも大きく変わります。
◆足首を冷やさない
足首が冷えると膝、腰回りも冷えて下半身むくみの元となります。特にスカートにヒールが好きな女性は要注意です。
◆下半身ダイエットに有効なグッズ
レッグウォーマーを履く様子
◆レッグウォーマー
上でお伝えしたように、足首を冷やさない為です。むくみ対策には足首~膝下までカバー出来る長さの物を選びましょう。
◆腹巻
腰回りの冷えはむくみの他、ポッコリお腹の原因にもなり、太る元です。シャツの上から巻くのが最もストレスが掛からない方法で、薄め生地の物がおすすめです。
◆ちびボール
むくみ解消に良い姿勢は欠かせません。仕事中、座っている時に内腿でちびボールをしっかり挟むだけでお腹に程良い力が入ります。また脚を組む事もむくみの元凶ですが、これで脚組み癖を直せます。運動が苦手な方にも取り組みやすい方法です。
◆少しの変化で下半身をスッキリ
女性の綺麗な足
湯船に浸かる、常温水を飲む、足首を冷やさないようにするなど、ほんの少しの努力と変化で下半身ダイエット。毎日忙しく運動の時間が取れない方でも、今回ご紹介した方法を生活の中に取り入れながら、少しずつ体の変化を感じていってみてください。
Photo by fotolia

当記事は美Lab.の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ