彼にとっての一生の推しになる方法

カナウ


彼にとっての一生の推しになる方法

アイドルグループの、イチ推しメンバーの略語としてスッカリ定着した“推し”という言葉。特にアイドル、アニメオタクの間で使われてきました。

「推し」という言葉には、自分が他人に推薦するほど猛烈に「好き」「愛してる」という意味があります。そしてその中には「推し」の相手に対する敬う心、尊敬も含まれているのです。

大好きな彼に、例え結婚をしても、一生“あなた推し”でいてもらうには、どうしたら良いのでしょう?

目次

ワガママではなく甘え上手


彼に上手に甘え、おねだりをし、リクエストが出来る女性は「彼は私の頼みなら断らない」という自信を持ちつつ、「別に断られたら、それはそれで平気」と思っているので、実はとても精神的に自立しています。
お互いに自立した関係を築ける相手とは、付き合いも長く続きます。
また、ワガママと甘え上手の微妙なラインを自然と熟知しているので、彼の負担になるようなお願い事は絶対しません。
そして、彼が頼られて嬉しいと感じるお願い事が出来るのです。
これがお姫様気質の女性だと、ワガママと甘えの境界線が分からず依存しすぎてしまうので、彼の精神的な負担が大きくなり、付き合いが長く続かないでしょう。

ヒステリックにならず静かな怒りを


付き合いが長くなればケンカすることもあります。
むしろ、自分の意思表示をハッキリとお互いに伝え合える関係でなければ、付き合いは続かないでしょう。
しかし、いつまでも彼から愛され尊敬される女性でいるためには、ケンカになった時の怒り方が重要なのです。
いつもガミガミとヒステリックな怒り方をしていると、彼も日に日にウンザリとしていきます。
感情的に怒るのではなく冷静に問題点について怒り、議論が出来る間柄の方が、お互いに尊重し合える関係が、末永く築けるのです。
例えば、恋人関係にはない上司と意見の食い違いなどで議論になった時に、一方的に怒り狂う上司と冷静にあなたの意見を受け入れつつ諭してくれる上司であれば、結果的に尊敬出来るのは後者の上司ではないでしょうか?

お互い別々の趣味がある


共通の趣味を楽しめるカップルも長続きしますが、お互いに別々の趣味や友達付き合いがあることは、とても大切です。
彼にあなたを一生、推薦できるほど素敵な女性だと思わせるには、いつまでも彼の知らない部分を持っているということもポイントです。
男性は、すっぽんぽんの裸を見るよりも、見えそうで見えないギリギリのラインに惹かれる生き物なんです。
なので、長く付き合っても、彼にとってミステリアスな部分を持っている女性は飽きられにくいでしょう。
そして別々の趣味を持っていても、お互いの趣味に対する熱意が同じくらいであれば、彼との関係は上手くいくでしょう。

二人の間に友情がある


彼に一生“あなた推し”でいてもらうには、二人の間に甘い愛情だけでなく、同志のような友情があると良いでしょう。
恋愛のドキドキは3年で冷めると言われるように、どうしても長く一緒にいればときめきは薄れてゆくものです。
ドキドキはしなくなったけど、一緒にいて楽しくて、お互いリラックスできるような友情感覚があれば、彼にとってもあなたは得難い存在となり、二人の関係は一生続く可能性は高いです。

いつまでも感謝の気持ちと言葉を忘れない


彼にとって“一生推せる彼女”になるには、いつまでも感謝を忘れないことも大切です。
アイドルも、いつもファンの人たちに感謝をしていますよね。
なんでも当たり前になってしまうと、ついつい言葉に出してお礼を言うのを忘れてしまったりもします。
いつまでも彼の心をつかんでいる女性というのは、さりげない日常の中で、小さなことも言葉にして感謝をしています。

さいごに


国民的アイドルグループ元AKB48の前田敦子さんの「私のことは嫌いでも、AKBのことは嫌いにならないでください。」という名言があります。
またその昔、昭和時代のアイドルたちは、「普通の女の子に戻ります」(キャンディーズ)「私のわがまま、許してくれてありがとう。幸せになります」(山口百恵)という名言を残して引退しています。
時代が変わっても、人気アイドルたちの自分に素直でありながらひたむきで健気に頑張っている姿は、熱狂的に応援したくなってしまうのがファンの心理です。
大好きな彼の一生の“推し”女性になるには、自分らしく生きながらも、周囲の人たちに対する心遣いができる優しさが重要なのではないでしょうか?
これを参考に、皆さんも末長くお幸せになってくださいね。
(ライター/キタミカ)

当記事はカナウの提供記事です。

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ