岡本玲、売れないパンクロッカー役で『抱かれたい12人の女たち』出演!「素の部分が出て事故が起きました」

テレビドガッチ

2019/11/15 05:00

岡本玲が、11月16日に放送される山本耕史主演のドラマ『抱かれたい12人の女たち』(テレビ大阪、毎週土曜25:26~※関西ローカル)の第7話に出演することがわかった。岡本は売れないパンクロッカーの女を演じる。

舞台は都内某所にある隠れ家的バー。経営するのは山本演じるバーテンダー。そこに1人で現れるのは、個性溢れる12人の女優たち。今は恋人のいないフリーの彼女たちは、美味い酒の肴にと過去の男の遍歴や愚痴をこぼし始める。バーテンダーはそっと寄り添うように彼女たちの話に耳を傾ける。会話が弾み、落ち着いた雰囲気のバーで2人、次第に彼女たちは目の前にいる男に惹かれ始める。今夜はこの男といたいと思った彼女たちが送り出す口説き文句とは……!? 女優が主導の恋事情を描いた、オリジナル即興恋愛ドラマ。

なお、11月18日(月)26時5分からテレビ東京でも放送スタート。第2話以降の放送日は公式ホームページをチェック。

<岡本玲コメント>
即興なのでその場を最大限に楽しめることができれば良いなと思って、設定を決めたものの色々ぶち壊すために暴れてやろうと思っていました。でも、もう少し暴れたら良かったな、と思っています(笑)。きっと山本さんなら好きになれると信じて飛び込んだら、結構思ったより早い段階で恋に落ちていましたね。逆に計算違い(笑)。最初はけなすつもりでこの歌詞で曲作ってみてって言ったのが、普通にえぇ曲やな! と思って突っ込めませんでした。特にシチューの歌が(笑)。自分は変わりたい、変わらなきゃいけないと思っている中で、今までの本当の自分を認めてくれた瞬間、今この場にいるあなたのままを出せば良いんじゃない? って山本さんに言われた瞬間はとても嬉しくて、それが引き金でキスしました。あの流れは素敵だなって思います。曲を作りながら良いじゃん! って笑い合っているのって良いじゃないですか。今日超楽しい! って思ってやっていました(笑)。自分ではわからない女心を山本さんに表現してもらうっていう流れを作っていたので、そこで触れ合えたら良いなっていう何となくの願望だけ持っていました。

でも女の子って突拍子もないことするし、私は普段の恋愛で突拍子もないタイプなので(笑)。イライラして胸ぐら掴んでお前に何が分かるんだ? ってケンカしようと思っていたのですが、素の部分が出て事故が起きましたね(笑)。嬉しいなって思って。本当に好きになっても良いですか? ってキスでした。私の回では、2人の会話のセッションから生まれた山本さんの音楽、そしてその瞬間の事故的ミラクルを、是非見てもらいたいですね。

<第7話「売れないパンクロックの女」あらすじ>
都内某所にある隠れ家的バー「Y’zoo」に突然、パンク衣装を着て酒に酔った女がやってきた。カウンターに座るやいなや悪態をつきビールを注文する。実は彼女、パンクロック一筋12年を歩んできたが売れないため、事務所からPOPアーティストに転向しろと言われてきたらしい。“小さな恋の物語”という恋愛感が全開の歌詞が書かれた紙をマスターに渡し、歌ってみろと八つ当たりする。ところが、マスターが曲を作り歌い始めると段々楽しくなり、心を許し始める。そして、マスターの優しい言葉に思わずキスをする女。事務所から渡された衣装にも着替え始める。あまりのギャップにマスターはメロメロに。パンクから急に女っぽくなったガーリー女子の眼差しに、マスターは耐えきれるか……!?

当記事はテレビドガッチの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ