田所あずさ “マリッジブルー状態”から「最っ高の誕生日」へ、涙と感謝の5周年ライブ

dwango.jp news

2019/11/14 20:00


声優の田所あずさが11月10日、東京・片柳アリーナでアーティストデビュー5周年を記念するライブ『AZUSA TADOKORO SPECIAL LIVE 2019~イコール~』を開催した。会場には多くのファンが集結し、デビュー5周年とこの日26歳になった田所をお祝い。「最っ高の誕生日」を過ごした。

16時30分の定刻を過ぎると、バックバンド「あずさ2号」のメンバーが一人ずつステージへ。最後に本日の主役、田所にスポットライトが当たると『ギミーシェルター・ブライトネス』が鳴り響いた。「みんなよろしく!」と挨拶し、『1HOPE SNIPER』『spit out』と立て続けに披露。ピンクのワンピースというガーリースタイルとギャップのあるハイテンポナンバーで客席の高揚感をどんどん高めていく。

大盛り上がりでスタートを切ったライブだったが、田所はこんな言葉を口にした。「一体みんな何をしに来てくれたんですかって考える。結婚でいうマリッジブルー。みんな歌を聞きに来ているんですよね?なんでそんな風に思うんだろう」。ステージに立つ田所が少し弱気で自信がないように映ったが、次の瞬間から「アリーナはこれで最後の可能性があるから噛み締めたい。まだまだ飛ばします!元気残っていますか?ついてきてくれますか?」とパワフルに呼びかけていた。

「まだまだ飛ばします!」という宣言通り、『絶対的Rock Star』『DEAREST DROP』『リトルソルジャー』と3曲続けてパフォーマンス。バンドメンバーと背中合わせでリズムをとったり、ステージ中央にある“お立ち台”に上がったりエネルギッシュが止まらない。

これまでの流れを変えるように、アコースティックコーナーがやってくる。田所自ら「これはアコースティックに合いそう」と選んだ『僕は空を飛べない』を、ギター1本のみの演奏でしっとりと聴かせる。続く2曲目は、20歳の誕生日に贈られたメモリアルナンバー『ツボミノコエ』。「思い入れがありすぎて歌えなかった」大切な曲を、5周年ライブで満を持して披露した。『ツボミノコエ』はギターのほかパーカッションやコントラバスも加わり、賑やかな編成での演奏となった。

ライブの時間は「恐ろしい早さ」で過ぎていき、本編ラストブロックに突入。『Come on,A-Z!!』でステージの端から端まで行ったり来たりを繰り返し、『It's my CUE.』で会場を縦揺れに。得意のロック曲で盛り上げまくった。バックバンド紹介曲『あずさ2号のテーマ』を挟み、『ストーリーテラー』のイントロが流れると大歓声が上がる。最後は公演タイトルであり、今年8月にリリースした『イコール』を全力熱唱。田所が「『イコール』は今日完成する。ぜひ『イコール』をみなさんで完成させてください!」とお願い。それに応えるようにファンは大きな声でコーラスとして一緒に楽曲を作り上げた。

本編が終了後、約5分のアンコールとあずさコールを経て、ライブTシャツに着替えたバックバンドのメンバーとまさかの“イモジャージ”姿の田所が再びステージへ。“イモジャージ”姿で歌う曲は『POSITIVE SHAKING』で、理由については「MVを見てください(笑)」。

続くアンコール2曲目……と思いきや、歌う予定のなかった『ころあるき』の冒頭の歌詞「明るく元気に~」が響き渡った。頭上に「?」マークを浮かべた田所の元へ、『ころあるき』の作詞作曲を担当した「忘れらんねえよ」の柴田隆浩がサプライズ登場。勢いよく田所に近づき「おめでとうございます!!」と誕生日を祝福し、花束も贈った。

大ファンの柴田を目の前にして田所は「キャ~!」と驚き、そして大興奮。さらに会場を見渡すとファンがペンライトで青色の波を作り出していた。普段はペンライト禁止の田所のライブだが、この日は特別に解禁。大きな青い光が節目を迎えた田所を包み込んだ。サプライズはこれだけにあらず。ライブ開始前、ファンがメッセージを書き込んだフラッグもプレゼントされた。田所は「寄せ書き!うわぁありがとうございます。かーんど~(感動)」と大喜びだった。

ラストスパートは11月27日(水)リリースの新曲の『RIVALS』と2016年発売の3rdシングル『純真Always』。コーラス部分では「アリーナの人!」「2階席の人!」「眼鏡の人!」「今日楽しかった人!」と呼びかけ、会場を“これでもか!”というほど盛り上げる。最高潮に達したところで大きなジャンプで締めくくり。「ありがとう!みんな最高!最っ高の誕生日」と弾ける笑顔で感謝した。

“マリッジブルー状態”だった田所だが、最後の挨拶では「もっとやっていたいという気持ちが芽生えちゃって」と告白。「本当にライブが怖くて怖くて。私はあまり会場の大きさにこだわりがなくて、どんなに少ない方の前でも気持ちを込められればいいかなと思っていた。今回人数にビビってたのですけど…無事に終えることができてよかった……」と素直な心境とともに溢れる涙が止まらなかった。

そして、割れんばかりの拍手に包まれて田所はこう宣言した。「私は小さい会場でもいいんです。でもやっぱり、アリーナに立ったからには満員にできるようになりたい。みなさま応援よろしくお願いします!」。

そこには後ろ向きでない、まっすぐ前を向いたアーティスト・田所あずさがいた。



■セットリスト

1:ギミーシェルター・ブライトネス

2:1HOPE SNIPER

3:spit out

4:絶対的Rock Star

5:DEAREST DROP

6:リトルソルジャー

7:僕は空を飛べない

8:ツボミノコエ

9:スペクトラムブルー

10:スロウリグレット

11:Come on,A-Z!!

12:It's my CUE.

13:あずさ2号のテーマ

14:ストーリーテラー

15:イコール

アンコール

16:POSITIVE SHAKING

17:ころあるき(サプライズ・デュエット)

18:RIVALS

19:純真Always

(C)ホリプロインターナショナル

当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ