太鼓芸能集団・鼓童と演出家ロベール・ルパージュが手掛ける、新・視聴体感芸術公演 メインビジュアルが解禁

SPICE

2019/11/13 19:22



2020年5月より、太鼓芸能集団「鼓童」が出演、ロベール・ルパージュが演出を手掛ける『鼓童×ロベール・ルパージュ〈NOVA〉(ノーヴァ)』が世界に先駆けて上演される。

鼓童は、1981年にベルリン芸術祭でデビューした後、これまでに50ヵ国で6,500回以上の公演を行っている太鼓芸能集団。2019年9月20日(金)「ラグビーワールドカップ 2019™ 日本大会 開会式」で大太鼓のソロ演奏を披露したほか、12月21日(土)「国立競技場オープニングイベント」での演奏が決定している。

一方、ロベール・ルパージュは、演劇に対するクリエイティブで独創的なアプローチにより世界的な賞賛を得ており、特に新たなテクノロジーを駆使することで古典的な舞台演出の概念を根本から揺るがす、今最も重要と称される舞台演出家の一人だ。

ルパージュが演出を手掛ける、本公演は、日本文化と最先端ビジュアルテクノロジーが融合する、新・視聴体感芸術とのこと。映像や光、演者の動きをプログラミングして実現する“音を見る”=サイマティクス(意味:音や振動の可視化)。プロジェクションマッピングではなく、太鼓の音に合わせて、打ち手の生のリズムにテクノロジーが反応し、音から動きが起こり、繋がり、物語が構築されていく。人間本来の根源的なものを表現しながら、人が生きる上で忘れてはいけない、希望や夢など、「目には見えにくいもの」を表現する。

本公演のタイトルである〈NOVA〉は、ラテン語で新しいという意味。鼓童とロベール・ルパージュが織りなす、見たことも感じたこともない新しい世界を体感しよう。

本公演は2020年5月14日(木)・16日(土)神奈川県横須賀市 横須賀芸術劇場にて行われるプレビュー公演を経て、東京公演の5月23日(土)~31日(日)東京建物 Brillia HALLを皮切りに、熊本、新潟、山形、神奈川、愛知、大阪を巡演する。

ロベール・ルパージュ コメント

ロベール・ルパージュ  (c)V. Tony Hauser
ロベール・ルパージュ (c)V. Tony Hauser

鼓童と一緒に今回創作することは私にとって挑戦です。常日頃、新しい分野に取り組んでいかなければならないと思っています。これまで演劇、オペラ、サーカス、ダンス、ロックンロールなど様々なジャンルとコラボレーションしてきました。いつも素晴らしい出会いに満ち溢れ、私にとって学ぶことがとても多くありました。
鼓童とのコラボレーションには明白な答えがあるわけではないので、鼓童の神秘性を突き詰め、どの様にして成立しているのかを理解した上で、発明の様に新しく生み出さなければいけないと思います。既に私に沢山のものを与えてくれている鼓童にどうやって自分は与えられるのか、という意味でも大きな挑戦です。

<プロフィール>
ロベール・ルパージュは、演出家、脚本家、俳優、映画監督としても大成をおさめている。演劇に対するクリエイティブで独創的なアプローチにより世界的な賞賛を得、特に新たなテクノロジーを駆使することで古典的な舞台演出の概念を根本から揺るがした。著名な舞台作品としては、『ドラゴンズ・トリロジー』、一人芝居である、オペラ作品『ファウストの劫罰』、マルチメディア作品においては『The Library at Night』、そしてシルク・ドゥ・ソレイユの『KÀ』及び『トーテム』などがある。


太鼓芸能集団「鼓童」

鼓童
鼓童

佐渡島を拠点に、太鼓を中心とした伝統的な音楽芸能に無限の可能性を見いだし、現代への再創造を試みる集団。1981年ベルリン芸術祭でデビュー。以来50の国と地域で6,500回を越える公演を行う。劇場公演のほか、小中高校生との交流を目的とした「交流学校公演」や、多様なジャンルのアーティストとの共演、国際芸術祭、映画音楽等へ多数参加している。2012年から2016年まで坂東玉三郎氏を芸術監督に招聘。2017年「幽玄」で坂東玉三郎氏と再共演を果たし、翌18年には歌舞伎座において新作歌舞伎「幽玄」として演奏で参加した。近年は石川さゆり、初音ミク、AI、元ちとせ、ブラフマンらと共演。2019年には19年ぶりの中国ツアーを成功させたほか、「ラグビーワールドカップ 2019 日本大会」開会式、「国立競技場オープニングイベント ~HELLO, OUR STADIUM~」に出演。

当記事はSPICEの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ