茜屋日海夏、i☆Ris最終審査でまさかのトラブル「審査員の方の顔が…」

dwango.jp news

2019/11/13 18:00


今年、デビュー7周年を迎えたi☆Ris。

アニソン定額配信サービス「ANiUTa」が人気のアーティストや声優を毎月ピックアップ特集する「マンスリーアーティスト」に登場している。6人のメンバーそれぞれに話を聞いていくマンスリー・インタビューの2週目には、“ひみたす”こと茜屋日海夏が登場。ドワンゴジェイピーnewsでは、インタビュー未公開カットとともに、記事の一部をお届けする。(TOP画像は独占カット!)



「私も小さい頃から芸能の世界に入りたいなと思っていました。さきさま(山北早紀)目立つのが苦手だったと言ってましたが、私は逆に猪突猛進タイプで、学芸会の劇でも「私、主役やります!」って立候補してましたね。舞台やミュージカルが好きで、実際に劇場で観たり、家でビデオで観たりしていて、とにかくお芝居がやってみたかったんです。中学生になっても芸能界の憧れはずっと持ち続けていて、進路希望の学校に提出するときも、東京の芸能コースがある高校の名前を書いていました(笑)」

──アニメへの興味は、どうだったのだろうか。

「小学生の頃は『ポケットモンスター』とか『おジャ魔女どれみ』とか、みんなが見ているような作品を見ていました。濃いアニメファンだったという時期はなくて、ずっと子供向けのアニメが好きでしたね。それは今でも変わってなくて、i☆Risとして活動を始めてからも、ずっと子供向けの作品に出たいなって思っていました」

──高校生になる頃には、いくつものオーディションにチャレンジしていた。

「声優系ではなく、若い女の子のタレント募集みたいなオーディションを中心に受けていました。そんなとき、ネットサーフィンで見つけたのが『アニソン・ヴォーカルオーディション』だったんです。柴咲コウさんのような、歌手活動もしている女優さんに憧れていて、私も歌をやりたいなって、ずっと思っていたので、これは歌手を募集しているオーディションなのかなと、応募してみました。最初は親に内緒だったんです。だから準備にお金をかけられなくて、応募写真も携帯で自撮りしました(笑)」

──最終審査に残ることになって、両親に打ち明けた。

「二人とも私が芸能界を目指していることを知っていたので、せっかく最終まで来たんだから、最後までやってみなさいと応援してくれました。最終審査は何をやったのか、全く覚えてなくて、審査員の方に「メガネを外してください」と言われたことしか記憶に残ってません(笑)。実は最終審査のために、コンタクトレンズを生まれて初めて作ったんです。でも、当日、あまりの緊張にレンズを破いてしまって。仕方なく予備のメガネで審査に臨んだんですけど、がっちりしたフレームの全然おしゃれじゃないヤツで。外したら、審査員の方の顔がよく見えなくなって、この後、どうしたらいいだろうって思いました(笑)」

──そんなトラブルがありながらも、見事に合格。i☆Risのメンバーとなって、夢だった芸能活動をスタートさせる。

「私はもともと役者志望なので、合格者6人でアイドルユニットを組むと聞いたときはびっくりしました。みんな個性がバラバラで、どうなっていくんだろうと。でも、7年やってきて今思うのは、この6人じゃなければここまで来られなかったし、この先も想像できないということです」

このあと、「今までに2回あった」というi☆Risの大きな転機についても明かしている。気になるインタビューの続きは、ANiUTa「マンスリーアーティスト」i☆Ris特集ページに掲載されているので、ぜひチェックしてみよう。なお、同時に若井友希のインタビューも公開されているので、そちらもあわせてお読みいただきたい。

ⒸANiUTa 2017 Co.,Ltd.


当記事はdwango.jp newsの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ