「気を遣いすぎて親しくなれない…」 上辺だけの人間関係から卒業するには?

fumumu

2019/11/13 18:00

疲れる女性(Poike/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
「いつも上辺だけの付き合いになってしまう」と、人間関係で悩んだことはないですか? 誰かと深く親しくなるには、どうすればいいのでしょうか。

fumumu取材班が、おすすめの接し方を聞いてきました。

(1)空気を読みすぎない


「空気を読みすぎて周りに気を遣ってばかりだと、結局誰とも仲よくなれないと思います。昔の私がそうだったんですよ。飲み会でも周りの飲み物の残量とか、料理の注文ばかりに気を取られて、最後までほとんど話してないときもあって。


飲み会後はぐったり疲れて、二次会どころじゃないんです。周りに気を使うのは大切だと思うけど、度が過ぎると自分が疲れるだけだと思いますよ。


きっと、周りも気を使いすぎて会話にならない子より、素直に飲み会を楽しんでいる子のほうが話しやすい気がします」(20代・女性)


関連記事:人に流されるのをやめたい! 自分らしく生きるにはどうしたらいい?

(2)イエスマンにならない


「自分の意見を隠して周りに同調するだけの子は、本音が見えないのであまり仲よくなれないですね…。本当はどう思ってるの? と、ちょっと不信感があります。


学生時代、なんでも私の意見に賛同する子がいたんですけど、別に嬉しくはなかったです。その子からしたら私にすごく気を遣ってくれていたんだと思うんですけど、私はイエスマンの取り巻きはほしくないので…。


自分の意見をはっきり言う子のほうが、私は信頼できます。100人中100人に好かれることは無理だから、仲よくなれる子だけが残ればいい! と割り切るほうが楽になると思いますよ」(20代・女性)

(3)好きなものをアピール


「相手の好きなものを知ると親近感がわくので、趣味や特技をアピールするのがいいと思います。職場で仕事の話しかしていないときは、その人になかなか興味も持てないけど、趣味の話を聞くと一気に距離が縮まったりしません?


私は漫画オタクなので、同じ漫画が好きだとわかるとめちゃくちゃ話したくなります(笑)当たり障りのない話より、自分の好きなことをガッツリ話して盛り上がる人と仲よくなればいいと思います」(20代・女性)

人に気を遣って自分の意見を言えないままだと、なかなか相手との距離も縮まらないものです。勇気を出して一歩踏み出してみせば、ぐっと関係性が深まるかもしれないですよ。

・合わせて読みたい→「なんだかいつも幸せそう」愛され女子の特徴とは

(文/fumumu編集部・くまのなな)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ