カンニング竹山、後輩におごる理由「芸人って粋の世界」


お笑い芸人のカンニング竹山が、11日に放送されたラジオ番組『赤江珠緒たまむすび』(TBSラジオ/毎週月曜~木曜13:00~)で、お笑い芸人の有吉弘行、お笑いコンビ・アンジャッシュ渡部建と毎年恒例の飲み会をしたことを明かした。

7日深夜に放送されたラジオ番組『ハライチのターン!』(TBSラジオ)で、同じ居酒屋に偶然居合わせたお笑いコンビ・ハライチの澤部佑ら計5人の後輩芸人による飲み会の会計を、本人たちに告げずこっそり支払って帰ったことが明かされた竹山。

この話がラジオで取り上げられた後、竹山はABCテレビのバラエティ番組『探偵!ナイトスクープ』の収録で澤部に会い、「もっと話せ! もっと話せ!」とけしかけたという。

さらに竹山は、「俺もそれ、昔に先輩にやってもらったから。やってもらったし、芸人って粋の世界だから。かっこいいなと思ってさ」とおごった理由を説明した。

澤部たちの飲んでいたお店は「値段的に安い居酒屋だった」という竹山は、「これで美談になれば良いなと思うけど、それから数日後ですよ」と続け、「1年に1回の、有吉と渡部が勝手に言ってる『社長会』があったのよ…」と切り出した。

「社長会」は、有吉と渡部が竹山を「社長」と祭り上げて、竹山に会計を支払わせる恒例行事。

今回、東京・青山の高級店にて、有吉、渡部よりも遅れて来店した竹山は「そこ入ったら、もういきなりあいつら『社長、社長』って始まって、『社長じゃねぇよ!』って言ったらさ、いつの間にか店の人も俺のことを『社長』って言い出して」と振り返った。

続けて、「支払いの時に、とんでもない額がくるわけよ。そこでまた俺がブチ切れるっていう(笑)。『なんで俺がてめぇらにおごんなきゃいけねぇんだ。なんだこの店!』『社長、それは酷すぎます』って(笑)」と回想していた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ