東ちづる、自身の活動を語る 「誰も排除しない『まぜこぜの社会』へ」

しらべぇ

2019/11/13 15:00




13日「LGBT 学校プロジェクト記者発表会」が開かれ、一般社団法人Get in touch代表を務める女優・東ちづるが登壇。

Get in touchの活動を紹介するとともに、クラウドファンディングによる原資で制作したDVD映像「自分が自分らしく生きるために」について話した。

■活動は27年前から


「27年前から活動をこっそりしてきたんですが、3.11をきっかけに『私自身』をもっと活用していこう、どんどん繋がろうと思い、『Get in touch』を立ち上げた」東。



活動を続けていく中で、「いいこともそうでないこともいっぱいわかってきた」と話す。

「日本はなかなか縦割りで、ブリッジがない感じ。そこが歯がゆかったので、支援団体や福祉施設、企業、そして政治家・省庁とつながって活動していく。いろんな団体に声をかけて一緒にしています」と微笑む。


関連記事:障害も「唯一無二の特性」 東ちづるが舞台『月夜のからくりハウス』にかける思いとは

■私たちで映像資料を作ろう


「自分が自分らしく生きるために」はLGBTを知る・理解するために制作された映像だ。



2017年に作成した映画『私はワタシ ~over the rainbow~』を学校版に改良したもので、「学校の授業で使える『映像資料』を作ろうと。まず教師と保護者にご覧いただき、生徒たちにも見せたいとなれば授業で使い、どう思うか一緒に考えて欲しいとお願いしている。映像では当事者の皆さんに主観を語ってもらっているので、客観的な正しい知識を合わせて授業してほしい」と語る。

■進んでいる地域もあるけれど…


現時点で900枚を小・中・高等学校に配布済み。渋谷区では全小中学校26校に配布されている。



実際、発表会が行なわれた渋谷区立広尾中学校では、道徳の時間を使って全校生徒を体育館に集め「マイノリティ」「マジョリティ」などの言葉の説明と趣旨説明をしたのち、このDVDを視聴したという。

「学校にはできること、できていないことがたくさんある。制服、保健体育、合唱…いろいろなことを『強いられている』と感じている生徒がたくさんいる」と訴える東。渋谷区では女子生徒がスカートではなくズボンの制服を選べるなど活動が進んでいるが、「全国に徐々に広がりつつあるが、濃淡がある」と話す。

これからも活動を通じて「誰も排除しない『まぜこぜの社会』を作っていきたい」と強く語った。

・合わせて読みたい→中学校教諭が5年以上も無免許運転 教委「早急に処分します」

(取材・文/しらべぇ編集部・たつき あつこ

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ