3年後、5年後のキレイのために今やめるべき“やりすぎ”5つ




もっとキレイになりたいと思うのはいいことです。でも私たちは時に“やりすぎ”というワナにはまってしまいます。良かれと思ってしていたことが、じつは何の効果もないどころか逆効果だった、なんて悲しいですよね。そこで今回は3年後、5年後のキレイのために今すぐやめるべき“やりすぎ”をまとめてみました。

洗顔のやりすぎ



毎日朝と夜、パシャパシャとしっかり洗顔するのが日課の人も多いでしょう。でもその洗いすぎが肌のバリアとなっているオイルまで取り去って、敏感肌や肌トラブルの原因になっていることもあると言います。
朝は拭き取り化粧水や水ですすぐだけにするなど、やり方をソフトにすることで肌を過剰な洗いすぎから守ってあげましょう。

洋服の買いすぎ

今やファストファッション全盛時代、ついシーズンものに目がいったり、セールのたびに買い込んでいたりしませんか。でもそうやって買いあさっても、うまく着回しできずワードローブにうもれてしまうアイテムがたくさんあるなら意味がないですよね。
パリジェンヌのように、自分に似合うものだけを吟味して愛着を持って着こなすべきなのです。そうすればあなたのファッションセンスも磨かれてゆくはず!

メイクのやりすぎ

メイクって女子の楽しみですが、ついついやりすぎてしまって素顔が分からないくらい厚化粧になっていませんか? そこまで作り込みすぎてしまうと、自分の素顔に自信が持てなくなることだってあるのです。
もちろんメイクで大胆な冒険をしてみるのもいいでしょう。自分の顔がどんなふうに変わってゆくのか見るのも楽しいかもしれません。しかし自分自身の素顔と向き合うことも忘れないようにしましょう。

シャンプーのやりすぎ



日本では毎日髪を洗うのが常識ですが、海外では2、3日おきという人も珍しくありません。シャンプーで毎日洗うのは髪の土壌とも言える頭皮そのものへの負担になりますし、さらにドライヤーで乾かすことによる熱ダメージもあります。
水で洗い流す必要のないドライシャンプーをうまく活用し、頭皮をいたわってストレスをかけないようにしましょう。長いスパンで見ると、それが美髪につながってゆきます。

“完璧”を追い求めすぎる

最後は精神面に関わることですが、“完璧な幸せや美しさ”を追い求めすぎないこと。向上心があり夢や目標に向かって努力するのはいいですが、人はないものねだりになりがちです。何かを手にしてもすぐにまた他のものが欲しくなり、永遠に心が満たされることはありません。
どこかで自分自身をありのままに受け入れ、「私はこれでいいんだわ」と思うことが大切です。そんな精神的余裕はきっと外見にも表れてきます。

当記事は女子力アップCafe Googirlの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ