大人号泣続出!邦画第1位“大ひっと上映中”!映画『すみっコぐらし』、この物語は見逃せない!?

2019年11月8日(金)より劇場公開した『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』が、11月9日・10日の国内映画ランキングにて、動員数・興行成績共に邦画第1位を獲得した。洋画も含めた動員数ランキングは、大ヒット上映中の『ジョーカー』を押さえ、第3位にランクインした。

本作は114館の公開規模にも関わらず、11月8日(金)~11月10日(日)までの3日間で、全国で動員数11万4280人、興収13287万3500円を記録。完売で満員となる回も続出し、大ヒットスタートとなった。

「すみっコぐらし」は2012年にサンエックスから発売された人気キャラクター。
それぞれにすみっこを好むキャラクターが多数登場しており、たまにポジティブ、ちょっとネガティブと個性的。
まるくて柔らかなフォルムと、本作品ならではのストーリー展開で、子どもから大人まで年齢・性別を超えた多くの人の心をとらえ、7周年を迎える今年「日本キャラクター大賞 2019」でもグランプリを受賞した。

今回の劇場アニメでは、”すみっコぐらしチーム完全監修”の新作ストーリーで、”絵本の中に連れて行かれたすみっコたちの大冒険”を描き、スペシャルな衣裳やアイテムとともに登場。さらに劇場版ならではの魅力的な新キャラクターも登場し、活躍を繰り広げていく。

本作のナレーションは、アニメ映画のナレーション初挑戦となる井ノ原快彦と、ナレーターとして多彩な作品で活躍し、2児の母親でもある女優の本上まなみが担当。
主題歌は原田知世の『冬のこもりうた』(Universal Music)で、冬の夜の情景を綴った心温まるバラードになっている。美しいメロディに原田知世の優しく透明感のある歌声がすみっコたちを包み込み、物語に花を添える。



子どもだけでなく大人からも絶賛の声があがっている本作。感想を募集するハッシュタグ「#映画すみっコぐらしおひろめ隊」では、「ひたすら感動」「こどもと一緒に号泣」「不覚にも泣かされた」など、幅広い観客の心を打つ物語に注目が集まり、早くも多くのリピーターが来場しているそうだ。
さらに映画パンフレットも予想以上の売れ行きで、物語を追体験できるノベライズ本などと合わせ、早くも重版出来!!

また「Yahoo!映画」評価ランキング第1位、「Filmarks映画初日満足度ランキング」第1位(11月第2週)、「ぴあ映画初日満足度1位」(11月9日ぴあ調べ)を獲得。11月12日(火)の時点で、各レビューサイトで軒並み★4を超える高評価となっている。

今後11月13日(水)には、男性ファンに向けたイベント『ぼくらもすみっコ応援団!上映会』が新宿ピカデリーで開催されるが、このイベント回もすでに完売しているとのこと。

さらに、22日(金)には、『”すみっコたち、かわいい”って言い放題♡応援上映会』が同じく新宿ピカデリーにて開催される。
本上映会では、絵本の世界でがんばるすみっコたちを声に出して応援できるイベントになっており、多くの”すみっコファン”の来場が予想される。

2週目、3週目に向け勢いを増す、『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』。今後の展開にも目が離せない。

(C) 2019 日本すみっコぐらし協会映画部

【作品概要】
『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』

2019年11月8日(金)全国ロードショー
ナレーション:井ノ原快彦、本上まなみ
主題歌:原田知世『冬のこもりうた』(Universal Music)
原作:サンエックス
監督:まんきゅう
脚本:角田貴志(ヨーロッパ企画)
美術監督:日野香諸里
アニメーション制作:ファンワークス
配給:アスミック・エース

<あらすじ>
いつもの喫茶店、いつものすみっこ。
その地下室に隠された、不思議な絵本とは・・・?

ある日すみっコたちは、お気に入りのおみせ「喫茶すみっコ」の地下室で、古くなった一冊のとびだす絵本をみつける。絵本を眺めていると、突然しかけが動き出し、絵本に吸い込まれてしまうすみっコたち。絵本の世界で出会ったのは、自分がだれなのかもわからない、ひとりぼっちのひよこ・・・?
「このコのおうちをさがそう!」新しいなかまのために、すみっコたちはひとはだ脱ぐことに。絵本の世界をめぐる旅の、はじまりはじまり。

当記事はアニメージュプラスの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ