伊織もえのコスプレにカンニング竹山デレデレ「声のトーンが違いますね」


10月21日に放送されたTBSラジオ『赤江珠緒 たまむすび』に、コスプレイヤーの伊織もえが「コミックシーモア presents みんなが選ぶ!電子コミック大賞 2020」のスペシャルナビゲーターとして出演。お笑いタレントのカンニング竹山が終始デレデレする放送回となった。

番組冒頭で、赤江珠緒から「この時間は声のトーンが違いますね」と問いかけられた竹山は「はい!」と勢いよく返事。伊織が『ヤングガンガン』で表紙を飾った際にコラボした『その着せ替え人形は恋をする』のヒロインのコスプレ姿で登場すると、竹山も歓喜の声を上げた。

番組では、その『その着せ替え人形は恋をする』についての話題に。同作のヒロインが透け感あるパニエを着用していることから、伊織もそれに習ってシースルの衣装を自作で再現しているとのこと。伊織が「ニーソックスが見えるようにしているんです」とポイントを明かすと、竹山は「もえちゃんの写真を撮ろうと思ったら普通こんなに近くに寄れない。でも今真横で見てますからね」興奮気味にトークを展開。

また、伊織の出演時間が終わる間際に赤江が「竹山さん、残念ですが終了の時間です」と告げると、竹山は「そうかー……そうかー……」と残念そうにつぶやきながら、「3時からニュースに強い小田嶋さんっておじさんが来るんですけど、そこまでいない?」と口に。赤江は「いないです!」と言い放ち、笑いを誘っていた。

当記事はマイナビニュースの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ