明石家さんま、『さんま御殿』初登場の飯島直子の“3回目”に猛アピール

クランクイン!

2019/11/12 06:00

 明石家さんまが司会を務めるバラエティー番組『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系/毎週火曜19時56分)の今夜11月12日放送回は「話題の女子が大騒ぎSP」。13人の女性タレントが集結し、女子会さながらのぶっちゃけトークを繰り広げる。

さんまと親交の深い飯島直子は番組初登場。隣の席に座る松本明子とは、1990年代に放送された日本テレビ系のロケバラエティー『DAISUKI!』で約10年にわたり共演しており、今でもしょっちゅう会うほど仲良しだと明かす。『DAISUKI!』といえば、CM前に女性が言う「大好き」のせりふが有名。これにハリセンボン・近藤春菜が、ある“かわいく見える技”を使って挑戦する。

同じく初登場の中川梨花は「21歳、慶應義塾大学3年生」という自己紹介で、いちいち数字を指で表すなどのぶりっ子なしぐさをするため、さんまが「若い時の小林(麻耶)見てるみたいやわ」とげんなり。いとうあさこも「やり口が一緒」と警戒心をあらわにする。青森のアイドルグループ・りんご娘からは彩香が初登場。さらに、やさぐれた態度でさんまをビビらせる若手女性芸人・薄幸(納言)と、個性の強すぎる初登場勢にオープニングは大いににぎわう。

最初のテーマ「ガッカリした男の言動」では、飯島がかつて「イライラした」という男性のしぐさを発表。女性陣は共感するも、さんまは「飯島を落としたいと思ったらわからんでもない」と相手の男に同情、“癒し系女優”と言われていた飯島がいかにモテモテだったかを力説する。「毎日玄関に花束を置いていく男がいた」というエピソードでは、この男性に飯島が放った強烈すぎる一言に女性陣が「カッコイイー!!」とほれぼれしてしまう。

さらにさんまはかつて娘のIMALUから「飯島さんと結婚したら?」と言われた逸話を披露。実際に「(結婚を)お願いしたことがある」と冗談めかすさんまだが、「違う人と結婚してしまって」と悔しがる場面も。現在2度目の結婚をしている飯島に「3回目があるかもしれない」と迫る。

前回、英語交じりのハイテンショントークにさんまが大爆笑したLISA(m‐flo)だが、今回さんまが何を振っても反応が薄くやきもき。理由を尋ねると、なんと極楽とんぼの加藤浩次にべたぼれしており、共演者の近藤を見るだけで「Oh! KOJI!!」と切なくなってしまうと衝撃告白。10月に4回限定で『スッキリ』に出演した後、加藤と会えなくなったことがいかに辛いか熱弁し、「Very Cry!!」とさんまに訴える。

そのほか、小林麻耶が『恋のから騒ぎ』出演時にほかの女性陣と「さんまに誘われたらどうするか」という妄想で盛り上がっていたことを告白。大友花恋は「キスシーンではすべての穴を閉じます」と謎の発言を。中川は「自分がかわいい」前提のトークを連発し、「うるせー!」(いとう)、「大きめのケガをしてほしい」(薄幸)など非難が飛び交う。

飯島直子が初登場する『踊る!さんま御殿!!』は日本テレビ系にて今夜11月12日19時56分放送。

当記事はクランクイン!の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ