福原愛さん、娘から“ママいらない”と言われ… 「厳しすぎたのか」

しらべぇ

2019/11/12 06:00




「愛ちゃん」の愛称で親しまれる、元卓球女子の福原愛さん(31)が、11日に自身のツイッターを更新。長女から、ショッキングな言葉を言われてしまったと打ち明けた。

■長女から「ママいらない!」


福原さんは「私が厳しすぎるのか…」とつぶやき、「あいらちゃんに『ママいらない!』と言われたままお仕事に出かける朝」と、長女・あいらちゃんから悲しい一言を言われてしまったと明かす。

ツイートには、落ち込んでいる様子を表す顔文字とともに「しょぼーん」という一言も。

福原さんは、リオデジャネイロ五輪の後、2016年9月に卓球男子・江宏傑選手との結婚を発表。2017年10月に第一子となる長女を出産し、2019年4月に第二子の長男を出産している。




関連記事:福原愛が緊急来日 「親戚のおばさん」と呼ぶコシノジュンコとの関係明かす

■励ましの声が相次ぐ


福原さんの元には、「『あいらだけみていてほしいの!』という気持ちがうまく言葉に出来なかっただけですね。大丈夫ですよ」「ママは私を嫌いにならないって信じてるからですよ」など、励ましのコメントが多数寄せられている。

中には、「愛ちゃんのママはもっともっと厳しかったのでは? 愛ある厳しさと愛ある育児は、子供もちゃんと知ってますよ」という助言も。

あいらちゃんにとっては「弟が生まれたことによる寂しさ」というのも、影響しているのかもしれない。

■6割超の大人が「母親と仲良し」


子供を育てていくうえで、「厳しくしつけなくてはならないこと」は多々ある。福原さんの悩みに共感した人は、少なくないのではないだろうか。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国の20代~60代の母親が存命の男女1,120名を対象に実施した意識調査では、全体で6割以上の人が「母親と仲が良い」と回答している。



子供の頃、とくに多感な時期は親とぶつかったり、素直になれないこともあるだろう。しかし、多くの人が成長するに連れて、母の無償の愛に気づいくのではないだろうか。

弟も生まれ、複雑な気持ちを抱えているあいらちゃんが、福原さんと素直な気持ちで向き合ってくれることを願うばかりだ。

・合わせて読みたい→娘の定期検診に訪れた母親 医師の一言に「本当に怖いし不安になる」

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2018年10月19日~2018年10月22日
対象:全国20代~60代の母親が存命の男女1,120名(有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ