板野友美アルバム『LOCA』で「頭でなく心が忘れない運命」を歌う

UtaTen

2019/11/11 12:00

様々な恋模様が詰まった『LOCA』



──ミニアルバムリリースおめでとうございます。

板野友美:ありがとうございます。

──『LOCA』は2曲目の曲タイトルにもなっていますが、ミニアルバム収録曲全体を通しては色々な恋模様が描かれているっていう印象でした。

板野友美:そうですね、全体的に恋愛曲で。

──ミニアルバム自体に持たせたテーマみたいなものがありながら制作は進めていかれたんですか?

板野友美:そうですね、今回ツアーが決まっている中でのミニアルバム制作だったのですが、全曲新曲で制作したので、ツアーに向けて「新しくこういう曲が欲しいな」という意識で曲調を選んで、歌詞に関してはその曲調を受けて「こういう歌詞がいいな」と思ったり、一緒に作詞しているHIROMIちゃんと相談して制作したら、全体的に恋愛曲になりました。

──なるほど。では意図せずそこに落ち着いたという感じなんですね。6曲中4曲の作詞をされているということなんですけど、作詞作曲に入られてない2曲に関しても板野さんの方から曲調だったり歌詞のリクエストをされて作った感じ?

板野友美:そうですね。特に『LOVE SEEKER』に関しては、作曲家の方には「こういう曲調のダンスナンバーが欲しい」みたいな話をして作っていただきました。
『エースのB君』に関しては、学生の時の淡い恋愛というか、ピュアな気持ちだったり、野球部とかサッカー部のマネージャーのイメージで書いてほしいっていうのは相談しながら作ってもらいました。

──『エースのB君』、めっちゃ憧れてた学生恋愛ですよね(笑)!!

板野友美:かわいいですよね(笑)

──そんな『エースのB君』も含め色々な恋のシーンが6曲分あるわけですけど、板野さんが今一番憧れる恋ってこの6曲でいうとどれになりますか?

板野友美:『恋ゴコロ』と『エースのB君は』ちょっと似ていて、学生の恋だったり、ピュアなハッピーな感じなので、そういう恋は学生の時に味わいたかったなっていう気持ちもあります(笑)。

『Destiny』は「運命」っていう意味で、私が一人で作詞したんですけど、人が生まれ変わって前世で会っていた人とまた巡り会う、みたいな。
外見は違うけど心が通じ合うみたいな深い愛を書いた歌なので、恋に限らず友達もお仕事でも、そういう出会いが自分にもあったらいいなって思います。

──私も歌詞を読んで、こんな風に思えたらいいなって思いました。特に好きなフレーズが「遠い昔 約束したのよ「二人がまたきっといつの日にか 会えますように」」ってところなんです(笑)!

板野友美:あーそこ!!メロディーに合わせて星に願いをかけるみたいな歌い方にもして、願いを込めて星に飛ばすようなイメージで歌いました。

──本当に素敵です。板野さんご自身、身近な人に対して”この人と出会えたってこういう事なんだろうな”とか、『Destiny』で歌われているようなことって普段から結構考えるタイプですか?

板野友美:そういうのを考えるのが好きなので、常日頃ってほどではないですけど考えます。
友達とかも、出会った瞬間に”気が合うな”って感じたりすることってあるじゃないですか、波長が合うみたいな。人って周波数みたいなのを放っていると思うんですよ。だから自分が同じ周波数だったりするとお互いが自然といられたり、ありのままの自分でいられる人っているじゃないですか。そういう人と出会うのって運命的なんだろうなって思います。

『LOCA』は男性を誘うイメージで...



──歌詞にできそうなことは普段から考えることもあるということでしたが、板野さんが作詞をされるときはどんなシチュエーションでどういう風に書き進められているのか教えてください。

板野友美:私は普段からメモしているとかはなくて、作詞しますっていう状況で期限ぎりぎりに追い込まれて作詞するタイプなんです(笑)。

──意外ですね(笑)。

板野友美:曲を決めるところから制作が始まるんですけど、「こういう曲を作ってほしい」とリクエストして作曲していただくときもあるし、色々な楽曲の中から聴いて「この曲書きたい」っていうときもあるんです。その時の最初に感じた感情で「こういう曲にしたいな」っていうのは大体浮かびますね。

『Destiny』を聴いた時も『LOCA』を聴いた時も「こういう曲にしたい」みたいなイメージが浮かんで、曲を聴きながら二人が出会うシーンが思い浮かんだり、『Destiny』だったら星空が思い浮かんだりとか、絵を思い浮かべることが多いです。
曲を聴いて浮かんできた絵をバーッてメモ書きして、そこから細かいストーリーを考えていきます。

──なるほど。『LOCA』は先ほど年下の男性を誘うようなイメージとおっしゃいましたけど、この曲に持たせた背景、ストーリーをうかがおうと思っていたんです。

板野友美:背景はやっぱり、カリブの海で(笑)!

──旅行に行った先で恋に落ちるみたいなイメージ?

板野友美:そうですね、これはフィクション、洋画みたいな非現実的な感じで書きたかったので、それこそスペイン語じゃないですけど、カリブの感じとか浜辺だったりそういうシチュエーションでちょっとセクシーな感じがありつつ大人の恋愛をイメージしました。
年下とは別に決めなくてもいいんですけど、年齢層がちょっと高めの女性というか、若い恋ではないと思います。どちらかというと自分から誘惑するようなイメージ。

──こういう曲が似合う大人の女性って憧れますよね。

板野友美:そうですね!歌詞だけを見たら結構アダルトな感じなんですけど、曲調に合わせるとすごいマッチするというか。

──曲を聴くより先にラテン系の楽曲という情報が先に入ってきたので、もうちょっと元気な感じで来るのかなと思ったら、割としっとりというか落ち着いたテンポで。

板野友美:そうですね。今世界的にラテンが流行っている中で、結構ラテン曲聴くのが好きだったので、自分の楽曲であったらいいなって思って。

──日本語とラテンの組み合わせがそもそも難しいんだと思うのですが、そんな中でぴったりはまっていて感動したのが、「カリブの海 溺れながら」っていうフレーズ。メロディーへのハマりがすごいなと思って。

板野友美:嬉しい!カリブ海とセクシーな感じを合わせてどう表現したらいいかなっていうのはすごく一緒に作詞をしたHIROMIちゃんとも相談して二人ですごく考えました。

──カリブの海って実際行かれたことありますか?

板野友美:ないです(笑)。

ツアーの見所と、気に入っている歌詞を紹介!



──そしてセカンドリード曲みたいな立ち位置なのが『恋ゴコロ』ということですけど、これはライブでかわいい板野さんが見れるんだろうなっていう曲調ですよね。これもライブをイメージしながら作った曲の一つって感じですよね。

板野友美:そうですね。

──そうなってくると、今度の発表されているツアーではすごい衣装替えがあるんじゃないかなって思ったんです。収録曲の雰囲気がそれぞれ全然違うから。

板野友美:確かに。今ちょうどツアーの衣装とかについて話している途中で、セットリストは大まかに決まってるんですけど、曲調とかもそうですし前の曲との繋がりも結構難しくて。
どこに新曲を持ってくるかとかも大事なので。最初に決めたセットリストから何回も「やっぱりこの方がいいかな」とか変えたりとかして模索中です。

──この記事が出るのはツアーが始まった頃だと思うのですが、「板野友美 LIVE 2019 "T" TOUR」の見どころを教えてください。

板野友美:こうやってツアー前にアルバムを出して、しかも全曲新曲でツアーのために作ったっていうのは初めてなので、ミニアルバムを聴きこんで来ていただきたいなっていう気持ちが一番です。
例えば『恋ゴコロ』はみんなで「No, no, no, no!」って言ったり、「Yes, yes, yes, yes!」って言ったりする場面があったり、他の楽曲でもみんなの声が聞きたいところが結構あるので、予習してきていただけるともっと楽しいツアーになると思います!
見ているだけのライブだけじゃなくて一緒に楽しめたらいいなと思って楽曲制作をしたので、歌詞の意味とかも聴きこんでいただいてから来てもらえたら嬉しいです。まずはミニアルバムを聴いて、どんなライブになるのか楽しみにしてもらえればいいなと思います。

──ありがとうございます。続いては、今回収録されている曲の中から板野さんがご自身で作詞した楽曲で特に気に入っている歌詞のフレーズをご紹介いただきたいです。

板野友美:『Destiny』のサビの歌詞なんですけど、「何度も何度も 生まれ変わり 今この場所で やっとまた会えたのね 全ての奇跡重なり合い ここにいられること ずっと忘れない」っていうフレーズです。

サビ以外は全体的に二人の物語なんですけど、このサビに関しては、全ての奇跡が重なり合って家族とかファンの方とこうやって今この場所にいられることをずっと忘れないっていう意味も込めているんです。
「ずっと忘れない」っていうのは記憶で忘れないじゃなくて、心で忘れないっていうような、たとえ私の今世が終わったとしても心の中にずっと刻みたいみたいな意味で書いたので、この楽曲はライブの最後で歌いたいなって思っているんです。

──すごい...壮大。

板野友美:ふわって読むと二人の恋愛の話で、二人が出会って今こうやって二人で一緒にいることを忘れたくないっていう話なのかなって思うんですけど、人との出会いだったり別れた後も今世が終わったとしても魂に刻んで、天国に行ったとしても覚えている、みたいな。
このフレーズは私の中でも深い歌詞になっています。

──そんな色々板野さんの考え方とか思いが詰められた楽曲を、このタイミングでこの曲に乗せて歌詞にしようって思えたのは何がきっかけだったんですか?

板野友美:この曲を初めて聴いた時、まだ歌詞とかないのに泣きそうになるくらいすごく感動して、私を思って作ってくれたのもすごく嬉しかったし、すごく大好きな曲だったので、聴いた瞬間にこういう壮大な歌詞にしたいなって思いました。

──ありがとうございました。それでは最後なりますが、インタビューを見てくれた皆様にメッセージをお願いします。

板野友美:今回は初めての全曲新曲のミニアルバムで、今までの私の楽曲を知ってくれている方も知らない方も聴いていただければ今の私が全部詰まっているようなミニアルバムになっています。
特に女性の方は恋愛曲が6曲入っているので、どの曲かで共感していただけるんじゃないかなと思いますし、本当にかわいらしい楽曲からちょっと大人な恋まで一つ一つの楽曲が全く違うので、映画を観ているような感じで一つ一つのシチュエーションにのめりこんで聴いていただきたいなと思います。


Text 愛香
Photo 片山拓

【写真】記事未公開の板野友美インタビュー写真を全て見る

プレゼント応募について


Twitterで応募するとサイン入りチェキをUtaTenをご覧の方に抽選でプレゼント!!

【応募方法について】
UtaTenのTwitterアカウント(@UtaTen_idol)をフォローをします。
(既にフォローしていただいている方はそのままで!)

UtaTenのページにあるこの記事上下のツイートボタンからツイート。
※入力されている内容は消さないようにご注意ください!(追記はOK!)

応募完了となります。応募締め切り後、当選者の方にDMにて当選の旨をご連絡致します。
※応募完了後であっても、該当のTweetの削除、UtaTenのフォローを外した場合、その時点で応募対象外となります。

Follow @utaten

Tweet

【応募締め切り】
11/24 21:00まで

【当選の通知方法】
締め切り後に抽選を行い、当選者には@UtaTen_idolからDMにてご連絡いたします。
※ご自身のTwitterアカウントのDM設定をご確認ください!!

当記事はUtaTenの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ