『イッテQ』みやぞん、出された料理に「嫌い」と本音 反響相次ぐ

しらべぇ

2019/11/11 12:00




10日放送の『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)に、ANZEN漫才のみやぞん(34)が出演。一度「おいしい」とコメントした料理に対し、本音をこぼしてしまうシーンが放送された。

■台湾で話題「プリン+カップ麺」


番組の企画で台湾に滞在していたみやぞんは、台湾では社会的なブームになっている「醤油味のカップラーメンにプリンを入れて食べる」というちょい足しグルメを食べてみることに。

食べることをためらっていたみやぞんだが、いざ実食してみると「うま~い!」「甘いのとしょっぱいのって合うじゃないですか、クリーミーな感じ。こってりしたものが食べたいなと思ったときに、プリンを入れるとそれになる」と絶賛した。


関連記事:みやぞん「じゃないほう」・あらぽんの家について行くドッキリに視聴者感動

■先生から本音を聞かれ…


しかし、現地でお世話になっている「大鉄環」の先生から「みやぞんは、この味は好きですか?」と聞かれると、「嫌い」と本音を吐露。

番組スタッフに「ごめんなさい」と謝罪し、「せっかく作ってくれたから…」と、ついお世辞を言ってしまったことを明かす。

すると、先生が「流行り者は人をダマす物です」との格言を発し、現場は笑いに包まれた。

■「優しい」と反響


カップラーメンとはいえ、準備して作ってくれたスタッフの気持ちを思い、つい番組向けにリアクションをしてしまったみやぞん。

彼の優しい人柄が溢れる出来事に、視聴者からは「みやぞんってほんとに優しいね」「みやぞん優しい…プリンとラーメンは別々に食べようね!」といった反響が相次いだ。

また、全てを見透かしたようにみやぞんから本音を聞き出した先生についても、「『みやぞんはどう思った?』って一回確認してくれるところに優しさを感じて、『素敵…!』ってなってしまった」といったコメントが寄せられている。

■芸能人の食レポを信じる?


スタッフを気遣って、実際の感想とは真逆のコメントをしていたみやぞん。ちなみに、しらべぇ編集部が全国の10代~60代の男女1,653名を対象に実施した調査にて、「芸能人の食レポを信じている」と回答した人は、全体で約1割という結果に。



みやぞんのように、作り手を思う気持ちからお世辞を言ってしまう芸能人は少なくないのでは? と考える人は多いようだ。一方で「視聴者に真実を伝えるべき」でもあり、難しい問題である。

・合わせて読みたい→みやぞん、タクシー運転手にサイン頼まれ断ったら… まさかの事態に

(文/しらべぇ編集部・衣笠 あい

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年8月9日~2019年8月14日
対象:全国10代~60代の男女1653名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ