行動あるのみ! 「結婚できる女」と「結婚できない女」の違い

fumumu

2019/11/11 05:00

カップル(imtmphoto/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)
婚活中、『私にとっての結婚とは?』とか『どうして結婚したいの?』など、自身の恋愛&結婚観について考察を始める女性は少なくありません

しかし、結婚前に同じような考察をしたことがあるか既婚女性たちに聞いてみると、『考える前に行動していた』と言います。

fumumu取材班が、詳しい話を聞きました。

(1)交際前に結婚前提かを確認する


「私はバツイチ子持ちで再婚しましたが、シングルマザーの時は、交際前に結婚前提かを確認するようにしていました。もう2度と辛い思いはしたくなかったし、私だけではなく子どものことまで真剣に考えてくれる男性を選びたかったからです。


そんな私を『重い』と言い、終わってしまう恋愛もありましたが、不毛な関係を続けるよりは断然良かったはず。今の夫とは、意志確認後に付き合い始め、9ヶ月後に結婚しました。


『フラれるのが怖い』と曖昧な関係を受け入れてしまうと、結婚願望のない男性との恋愛で無駄な時間を使ってしまうこともあるかもしれません」(30代・女性)


関連記事:結婚したい女子を利用する男…婚活に潜む罠とは

(2)彼氏に気持ちを直接聞く


「彼氏には、『私のことどう思ってるの?』と、直接聞くタイプです。『付き合う=結婚』と考えているので、『本気じゃないなら別れる』と、白黒ハッキリしておきたくて。


もちろん、そんな私をウザがる男性もいましたが、それならそれで仕方がないですよね。2人の価値観が違うんだから、ダラダラ付き合ったところで結婚できるわけでもないし。他の人を探した方が効率的でしょう。


『仕事が忙しいなら仕方がない』と度重なるデートのドタキャンを許してしまったり、『何か事情があるのかも』と既読スルーにも文句を言わないなど。彼氏に直接気持ちを聞かず、物分かりが良い振りをしていると、『都合のいい女』にされてしまうこともあるかもしれません」(20代・女性)

(3)家族ぐるみの付き合いを心掛ける


「彼氏と初めての旅行を計画した時、実家から車を借りてもらうように仕向け、一緒にご挨拶に伺いました。レンタカーでも事足りますが、口実を作って彼氏の両親に会うことで、家族公認の『特別感』を出したかったからです。


遠慮して家族との距離を置いていると、外野からのサポートも期待できませんよ!」(20代・女性)


結婚できる女性たちには、行動力があります。

婚活中の女性は、参考にしてみてもいいかもしれません。

・合わせて読みたい→焦りは禁物! 付き合うまでに時間をかけるべき3つの理由

(文/fumumu編集部・志都)

当記事はfumumuの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ