ハワイ、グアム、バリ島…リゾート・ウェディングの最新事情

TOKYO FM+

2019/11/10 17:00

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。11月2日(土)放送のテーマは「ウェディング」。今回は、ワタベウェディング株式会社の仲山怜さんに「リゾート・ウェディング事情」について伺いました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2019年11月2日(土)放送より)


※写真はイメージです

── こちらではどのようなウェディングを?

当社は1973年から日本のお客さまがハワイで挙式をあげる、いわゆる“リゾート・ウェディング”を取り扱っております。最近は「リゾ婚」とも呼ぶそうですね。リゾートに行って、白い砂浜、青い海と空、そんな3点セットを楽しめるウェディングをご案内しています。

国内での挙式だと、同僚の方やご友人など70~80人くらいを招くのが一般的です。それが海外だと10~20人くらい。家族を中心に、近い距離感でアットホームなウェディングを行って、家族の絆を深めることができるのがリゾート・ウェディングの良いところだと思います。

── リゾートというと、具体的にはどんな場所で?

やはりハワイが大半です。もっと近くでしたらグアム。国内なら沖縄。海外に慣れている方でしたらバリ島ということもあります。ワタベウェディングでは13ヵ国に拠点を持っているので、そこでサービスを提供することが可能です。

そして海外に拠点があるので、逆に海外の方が日本で挙式をあげるお手伝いもさせていただいています。人前で誓いをしていただくようなセレモニーの場合もありますし、チャペルやビーチを背景に記念撮影するだけのフォトウェディングの場合もあります。

── 海外の方が日本式のウェディングを?

京都で写真を撮ったり、和服を着たりするサービスは、アジアのお客さまに人気があります。特に中華系の皆さまは、どれくらい写真が映えるかを重視しますね。後で大きく引き伸ばしたり、アルバムにしたりして皆さんに見ていただくようで、日本でもそういうサービスは利用されていますが、中国の方々がそこにかける情熱は日本人以上。とにかく写真が映えることが重要です。

日本のフォトウェディングだと大体10万円くらいが標準的です。でも海外の方はアルバムを作るなどして、30万円くらいお支払いいただくこともあります。人前の結婚式を日本でおこなう方も増えていますが、その場合でも写真が重要です。今ならSNSに(写真を)上げますし、それを見た人が「どこで撮れるの?」と情報を収集する感度の高さには驚かされます。

こういう方が増えてきたのは5年くらい前からでしょうか。中国の景気が上がっている影響もあるでしょうし、日本でも「爆買い」が話題になったように、その購買力が注目を集めるなか、各国が中国の方にビザを緩和した影響もあるのではないでしょうか。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)の博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・シンイチと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。次回11月9日(土)放送のテーマは「古墳」。お聴き逃しなく!

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00~17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/garage

当記事はTOKYO FM+の提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ