みちょぱ、加藤茶・綾菜夫妻の馴れ初めに「気持ち悪い」

しらべぇ

2019/11/10 13:30




9日放送『あちこちオードリー 春日の店あいてますよ』(テレビ東京系)に、加藤茶の45歳年下妻・加藤綾菜が登場し茶との馴れ初めを告白。その赤裸々な内容にみちょぱこと池田美優がドン引きした。

◼2人の出会いは…


オードリー・若林正恭が常連客を演じ、春日俊彰の店でゲストとトークを楽しむ同番組。この日は、綾菜とみちょぱ、小倉優子がゲストとして店を訪れ、綾菜と茶の馴れ初めが語られていった。

祖母と同い年の茶とは、当時綾菜がお茶出しをしていた料理店で客と店員として出会う。

同店に半年ほど通った茶から「コースターの裏に電話番号を書いて渡された」のだが、初めて会ったときから好意をもっていた綾菜はそれに喜び、夜には電話をかけ2人の関係が発展していったと明かす。


関連記事:みちょぱ、芸能界の友人はにこるんだけ 「芸能人の友達がいない」衝撃理由は…

◼茶のアプローチにみちょぱは?


この話題に「45歳上の人と出会わないし、そういう目で見れない」とみちょぱは引き気味。コースターに対しては「いや、なにそれ」「やり方古い」「怖い」とドン引きしていく。

45歳年上の人に電話番号を渡されたらどうするか尋ねられたみちょぱは、「ムリムリムリ。ビリビリに破く」と完全拒否。そこまで年上との恋愛は絶対にないと否定し、志村けんとの交際を勧められると「やだやだ」と本音が漏れる。

恋愛は自分から進めたいタイプのみちょぱ。「電話番号とか渡されると(必死すぎて)気持ち悪いってなる」と茶のアプローチを思わず全否定してしまい、慌てて「茶さんは別」とフォローした。

◼視聴者の反応は?


茶から自分の死後に「守ってくれる人がいたほうがいい」と事務所入りを勧められた綾菜。タレントとなってからは精力的に番組に出演、茶とのエピソードで番組を盛り上げている。

この日も綾菜は軽妙なトークで出演陣を爆笑させたが、視聴者の注目はやはりみちょぱ。

「あからさまに不快感を示すみちょぱ」「引いてるみちょぱ、正直」「ちょぱの反応面白い」「最年少でも萎縮せず無理なものは無理、嫌なものは嫌と言ってくれる安心感」と、正直な反応で視聴者の気持ちを代弁するかのようなみちょぱに、好意的な意見が寄せられていた。

◼半数は「20歳差OK」


しらべぇ編集部で全国20~60代の男女1,589名を対象に調査したところ、全体の49.6%が「20歳以上の年齢差がある恋愛はアリだと思う」と回答している。



特に高齢男性は年の差恋愛に積極的なようだが、その対象となるみちょぱのような若い世代は、年の差恋愛を敬遠しがちなようだ。みちょぱのように親や祖父母と同世代の年齢の相手に恋愛感情をもてないのが、やはり普通なのかもしれない。

・合わせて読みたい→20歳のみちょぱ、おじさんに困惑 「恋愛対象だと思ってたんですか?」

(文/しらべぇ編集部・サバマサシ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2019年2月1日~2019年2月4日
対象:全国20代~60代の男女1,589名 (有効回答数)

当記事はしらべぇの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ