目指したいのは片づけやすい部屋づくり!キレイが持続するのには理由がある♡

folk

2019/11/10 13:00

すっきりキレイを持続させよう


お家の収納スタイルが整っていないと、片づけたり探し物をしたりする時間が増え、家事効率も低下してしまいますよね。

今回は、キッチン用品や洋服など、お家の中の物を片づけやすく、見た目もキレイに整えるのに役立つ収納実例をご紹介します。

ぜひ、キレイな収納スタイルを手に入れて、心地良い暮らしにつなげてみてくださいね。

片づけやすい工夫を凝らした収納実例

床にできるだけ物を置かない


床にできるだけ物を置かない

https://www.nrm-a.com/

所有する物は基本的に収納スペースに入る分だけと決めておけば、片付けやすい収納スタイルのベースが出来上がります。

床にできるだけ物を置かないようにすれば、動線が良くなり掃除機もスムーズにかけられるので、部屋のキレイ度がぐんとアップしますよ。

多用途に使えるアイテムを選ぶ


多用途に使えるアイテムを選ぶ

instagram.com

キッチンはキッチンツールや食器、調理家電など様々な物が集まっているため、多用途に使えるアイテムを取り入れてみるのがポイント。

例えばトスカの「お玉&鍋ふたスタンド」は、お玉や鍋のフタを立て掛ける他に、タブレットをセットしてレシピを確認したり、また板の一時置きとしても使えます。

多用途に使えるアイテムを選ぶことで、収納スペースを節約できるのも魅力です。

適正量を決めれば管理がラク


適正量を決めれば管理がラク

instagram.com

使用頻度の高い計量カップやボウルなどは、重ねずに立てて収納することで、取り出しやすく仕舞いやすい収納が叶います。

無印良品のハーフサイズのファイルボックスなら、ボウルを立てて入れやすく、サイズ別に並べてレイアウトすることもできますね。

定位置を決めることで適正量が定まるメリットもあります。

適正量を決めれば管理がラク2

instagram.com

こちらも無印良品のハーフサイズとスタンダードサイズのファイルボックスを取り入れた収納例です。

ハーフサイズにはフキンとスポンジのストックを、スタンダードサイズには掃除用のボトル類を収納しています。

ファイルボックスならストック品も管理しやすく、収納スペースもすっきりとした印象に保てます。

クローゼットを機能的に収納

マワハンガー


マワハンガー

instagram.com

クローゼットのハンガーのデザインがバラバラだど見た目にバランスが悪く、無駄にスペースを消費していることもありますね。

スリムで滑りにくい加工が施された人気のマワハンガーなら、カットソーやシャツなどをスマートに収納することができます。

モノクリップ


モノクリップ

instagram.com

ストールや帽子などは、型崩れせずに収納しておきたいですよね。

モノクリップならそれらをしっかりと挟んでくれるため、柔らかな素材でも吊るして保管することが可能です。

ワンアクションで手に取れるので、コーディネートもしやすくなりますね。

シーズンオフアイテムの収納法


シーズンオフアイテムの収納法

instagram.com

シーズンオフのウェアやアイテムは、普段使うクローゼットに一緒に入れておくとスペースを圧迫し、探すのに時間が掛かることもありますよね。

ファスナーが付いたフタ付きの無印良品のソフトボックスなら、それらを快適に保管しておくことができますよ。

中身を記載したタグを加えておくのもポイントです。

ワゴンでひとまとめに


ワゴンでひとまとめに

instagram.com

ウェットティッシュや薬、DMなどダイニング周辺で使うものは散らかりやすいのが悩みですよね。

そんな時におすすめなのがワゴンです。

キャスター付きなので、必要に応じて簡単に移動させることができて便利に使えます。

こちらは3段のトレイが付いているので収納力が高く、落ち着いたカラーがインテリアに馴染む優れたデザインが魅力ですね。

簡単に片づけられる方法も採用


簡単に片づけられる方法も採用

instagram.com

可愛いぬいぐるみは数が増えがちなので、収納場所に悩むこともありますね。

こちらは、セリアの新聞ストッカーをぬいぐるみ収納として利用している例です。

縦長サイズなので容量があり、柔らかめの素材なので多少多く入れても融通が利くところもうれしいですね。

ポンポンと入れるだけで良いので、お子さんでも御片付けが簡単にできるところも良いですね。

ラベリングで中身を明記する


ラベリングで中身を明記する

instagram.com

大容量の収納クローゼットがあれば、大事な書類や写真などあらゆる物をひとまとめに保管することができます。

ボックスやファイルなどを活用して細かく分類し、家族の誰でも中身が把握しやすいようラベリングしておくのがおすすめです。

便利に使えるワークスペース


便利に使えるワークスペース

instagram.com

勉強や家事など多目的に使えるパソコンスペースがあれば、時間が空いている時にパッと座って作業ができるので効率的です。

生活動線が良い位置にあるため、使用頻度の高い文房具や提出が必要な書類などをまとめておく場所としても最適です。

パソコンスペースを設ければ、ダイニングやリビングが散らかるのも防いでくれますね。

一時置きの場所を設ける


一時置きの場所を設ける

instagram.com

こちらはキッチンの背面収納の並びに位置するクローゼットです。

キッチンやダイニングからもアクセスしやすいため、ライフスタイルの変化に合わせて中身をレイアウトしやすいのが特徴です。

こちらはアウター類を掛けておけるよう突っ張りタイプのハンガーパイプを取付け、鞄類の収納にラタンボックスをセットしています。

一時置きの物でも収納場所を設ければ、室内をいつもキレイに保つことができますね。

身支度は脱衣所が便利


身支度は脱衣所が便利

instagram.com

こちらは無印良品のポリプロピレン引き出式を脱衣所に設置し、お子さんの洋服を収納しています。

これなら子供部屋へ洋服を取りに行く必要がなく、身支度がスムーズになりますね。

アイコン付きのラベルをそれぞれの引き出しの右上に貼り付けているため、お子さんが自分で選びやすいスタイルも実現しています。

デッドスペースを活用


デッドスペースを活用

instagram.com

洗濯機横のデッドスペースに収納を確保したい時は、towerの「洗濯機横マグネットラック」がおすすめです。

上部のトレイは小物や洗剤ボトルなどを置くことができ、中央のバーにはキッチンペーパーやゴム手袋などを掛けられます。

下部はバススリッパを縦向きに入れておくことができるため、場所を取らずに保管できますよ。

浴室のアイテムは浮かせて収納


浴室のアイテムは浮かせて収納

instagram.com

浴室はぬめり黒カビが発生しやすいため、小まめな掃除しやすいよう掃除用品やバス用品は浮かせて収納するのが片付けもしやすくておすすめです。

スポンジやブラシは吊るすことで、水切れも良くなり衛生的ですね。

湯桶も掛けておけば、場所を取らずに収納できます。

片づけやすい収納を取り入れて快適に


今回は、片づけやすい部屋づくりに役立つ収納実例をご紹介しました。

お家の中には様々な物がありますが、元に戻しやすい仕組みづくりを取り入れれば片づけの習慣も自然と身に付き、暮らしやすさが向上して気持ちもポジティブになれますよ。

ぜひ、ご紹介した実例を参照し、暮らしやすさにつながる収納スタイルを取り入れてみてくださいね。

当記事はfolkの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ