12星座別|守護する星々

カナウ

2019/11/10 12:30


12星座別|守護する星々

こんにちは!!

Ayuraです。

今回は星座別に守護する星についてお伝え致します。

12星座には、それぞれの星座を守護している天体があります。

一般的に支配星、ルーラーと呼ばれる天体です。

星座によって違う、守護する星についてお伝え致します。

牡羊座


火星

火星は人の情熱ややる気、怒りや攻撃力、性的なエネルギーを意味します。

人は生まれた瞬間に、おぎゃーと力いっぱい泣きだします。生命は誕生した瞬間から、生きる為に、全身全霊で命の灯火を燃やし出すのです。

12星座の始まりであり、生まれたての生命のような牡羊座の人たちは、火星の加護を受けていますから、エネルギーに満ちた人が多いのです。

牡牛座


金星

金星はその名の通り、輝く富や美、センスや芸術を意味します。

牡牛座の特徴は自分の感覚に敏感であること。

感覚は言い換えるとセンスです。

自分が生まれ持った感覚、養ってきた感覚、これをとても大事にしますから、自分の元から何かが消えていくことが得意では無いかもしれません。

その代わりに、ひとつの事にじっくりこだわり抜く力は抜群でしょう。

双子座


水星

水星は知性や情報、商業やコミュニケーションを表します。

双子座はまるで妖精が花から花へ飛び移るように、興味があるものに次から次へとアクセスしていく性質を持っています。

そのため何に関してもテンポが良いのが特徴です。

アクセスする毎に知識を身につけていくので、器用であったり、会話好きな人が多いでしょう。

蟹座




月は母性や妻という女性性や、幼少期、感情を表します。

つまり月はその人の中にある「それが無くなると大ダメージを負ってしまう、根源的なもの」を意味するのです。

こんな風に人にとって重要な月の加護を受けている蟹座は、やはり感情が深く、何かを保護する性質を持っています。

親和性を大事にするので、内々のものを守ろうという気持ちが強くなります。

しし座


太陽

太陽は正に自分自身、そして月とは逆に男性的な部分や、生命、地位や輝く光を意味します。

もし時間があれば、しし座の有名人を検索してみてください。

太陽のように輝き、そしてゴージャスなイメージのある方が多いでしょう。

太陽は言い換えると唯一無二である自分自身です。

しし座はこの太陽の加護を受けているので、自身という軸をしっかりと持ち、活力に満ちた星座なのです。

乙女座


水星

双子座と同じ水星がルーラーの乙女座。

ですが力の働き方は違う形になります。

水星は知性の星ですが、同時に神経発達を促す星でもあります。

乙女座は双子座とは違い、得た知識をいかにして現実の技術に落とし込むかという方向に力が働きます。

細かな気づかいが得意でケア上手な乙女座の性質は、

水星の知性を応用し、綺麗にまとめ整理する力によって生み出されています。

天秤座


金星

牡牛座と同じ金星がルーラーの天秤座。

天秤座の場合は牡牛座よりも、対外的な部分に金星の力が発揮されます。

牡牛座では自分の感覚や、所有する事に金星の力が発揮されていましたが、天秤座の場合は、バランスや調和の力が強くなります。

黄金比という言葉をご存知でしょうか?

天秤座はあらゆる事の黄金比を見つけ出すのが得意です。

黄金、つまりゴールドというそれだけで美しく調和のとれたものを生み出す力を、天秤座は金星授かっているのです。

蠍座


冥王星

この記事を読んでいる方の中にも、自分の冥王星と太陽が蠍座という人がいると思います。

自分では理解が出来ない大きな力によって、人生が左右されるような経験をする可能性が高い人達なのです。

この冥王星という星は、絶大な力を持っていますが、その影響を私たちが感覚として掴むことは出来ない、不思議な星です。

生と死、性、破壊と再生、こだわりや極端さを意味します。

この冥王星の加護を受けている蠍座の人達は、道理や心理についての理解が深い人達です。

悲しみや極端さを持ちながらも、強く優しい心が育まれる星座でもあります。

射手座


木星

今年2019年は木星が射手座に帰って来ている年でした。

今もまだ木星は射手座にありますが、もうすぐ山羊座へ移ります。

木星は発展、拡大や拡散、幸運や成長、そして容認を意味します。

聞いただけでも嬉しくなる言葉ばかりです。

この木星の加護を受けている射手座は、ある種の余裕がある星座かもしれません。

どちらかと言うと大きな視点から物事を捉える性質があり、その力が働くために、射手座は自分の描く大きな理想と向き合う事が出来るのです。

山羊座


土星

今現実、土星はホームである山羊座にあります。

2020の4月から行ったり来たりを繰り返しながら徐々に水瓶座へ引っ越すこの土星。

安定や責任、形式や組織、限界などを意味します。

土星は比較的苦手なものや、人生の学びと表現される事が多いでしょう。

経験豊富で落ち着いた年配の男性のイメージがわかりやすいかもしれません。

山羊座は、正にこの土星をそのまま星座にしたような星座で、とても冷静で客観的かつ合理的な性質を持っています。

野心も強いのですが、組織の一番上に上り詰めるような形を理想とします。

水瓶座


天王星

独自、組織的、改革、科学、考古学、未来、占星術、心理学、反抗、電気……

相反するような要素が混じりあっている天王星。

まさに科学や改革の力と言えます。

相反する何かが出会った時に起こる反応、それが私たちに改革を引き起こすのです。

そして時間が螺旋状である事をイメージしてみてください。

螺旋は上から見ると円になっています。

その円を私たちは繰り返しながら登っているのです。

そのようにして見方を変えると未来である今は、過去に通ったポイントでもあります。

こういった時間を超えた感覚や、反応や改革の力が水瓶座にはもたらされています。

ちょっと風変わりなイメージを持たれるのは、そうした独自の視点から物事を捉えているからかもしれません。

魚座


海王星

イマジネーション、幻想、霊感、夢、スピリチュアル、共感性、占い、お酒……

全ての物がふわっと浮いたイメージをしてみてください。

地上に置かれている物は、海の中、つまり水の中ではふわりと浮いてしまいます。

どんなに現実世界できれいに区分けされていても、この海王星の世界では、全てが浮き上がり隔てている物が無くなります。

海王星はこうした現実とは異なる世界での繋がりを強調する力を持っています。

イメージの世界は自由です。

魚座にはこの海王星の加護がある為、個々を超えて繋がっていく力がもたらされています。

(占い師/Ayura)

当記事はカナウの提供記事です。

あなたにおすすめ

ランキング

ランキングをもっとよむ

注目ニュース

注目記事をもっとよむ

あなたにおすすめ